最高出力1600馬力…3ローター・トリプルターボ仕様にカスタムされたRX-8とは?

復活が期待高まるマツダのロータリーエンジン。カスタムシーンでも、軽量・高出力で人気がありますよね。なかには3ローター、4ローターにしてしまうカスタムマシンも散見されます。しかし超高出力が必要なドラッグレース仕様には向かないともいわれていますが、そんな方向のカスタムをやってしまった人もいるようです…。

Chapter
3ローター3タービン、1600馬力の「RX-8」…!?
【動画】ゼロヨン6秒台!強烈な3ロータートリプルターボ1600馬力のRX-8!!
高出力化しにくい?ロータリーエンジン…

3ローター3タービン、1600馬力の「RX-8」…!?

ドラッグレース発祥の地、アメリカでは当然こうしたドラッグ用のカスタマイズが盛ん。なかでも、高出力・高性能の日本車のターボエンジンが好まれており、80スープラに搭載されている2JZエンジンは高出力化した際の耐久性が高い事から、多くのチューナーに好まれているエンジンとなっております。

そんなドラッグレースの中に、すさまじい改造を施したRX-8が登場しました。エンジンを2JZに換装したRX-7なども存在しますが、今回紹介するRX-8は、ロータリーエンジンを用いたドラッグ仕様。しかもノーマルでは13Bの2ローターですが、これに一基加えて3ローター仕様とし、さらに一基あたりにビッグタービンを装備する「トリプルローター・トリプルターボ仕様」となっているのです。

「よろしくメカドック」に登場するRX-7も同様のカスタムをしたゼロヨン仕様マシンが登場しますが、あれは架空の話。それを実際作ってしまうどころか、1600馬力という高出力を発揮させているというのですから、カスタム内容が気になるところ。

それではこのロータリーモンスターの走りをチェックしてみてください。

【動画】ゼロヨン6秒台!強烈な3ロータートリプルターボ1600馬力のRX-8!!

米国メリーランド州の「Maryland International Raceway」に出場した際の映像のようです。動画にも映っているように、ビッグタービンが確かに3基、装着されています。すさまじい排気音…2ストロークのバイクにも似たサウンドですね…。矢のように直進していくRX-8の姿は異様な迫力があります…。

とにかく、ロータリーをあえて選択しドラッグレースに挑戦した彼らに拍手!ですね。

高出力化しにくい?ロータリーエンジン…

ロータリーエンジンは出力に対し非常に小型化できる、というメリットがあります。それと同時にフリクションロスが少ない事から、高回転化しやすく、非常にレスポンスのよいエンジンとなっております。

その一方で、燃焼室の表面積が大きいことから「冷却損失」 が大きくなってしまい、出力と高率が悪化してしまうデメリットも。また高回転で出力を出す一方で、トルクが出にくい、レシプロエンジンでいえばショートストロークのような特性もあります。

またレシプロエンジンは多気筒化で高性能を得る、といった方向性もありますが(ダウンサイジングの現在はあまり行われませんね…)、ロータリーの場合、クランクシャフトの剛性の限界から3ローターまでが一般的には限度、ともされています。4ローターも存在しますが、リスクも非常に大きい「多気筒化」といえそうです。

またカスタム、という視点で考えれば、現在ロータリーエンジンを作っているのは(これは誇るべき事ですが)マツダ一社のみであり、相対的にレシプロエンジンよりも流通量が少なく、おのずとチューニング技術の蓄積がレシプロには劣ってしまう、という点がありますので、ドラッグレース仕様のような一発勝負の為に超高出力化するカスタムに向いていない、と言えるかもしれません。

現在市販化がすすめられている新型ロータリーエンジン「RENESIS 16X」は、レシプロでいうところのロングストローク化もされているようですから、トルクが細い、という弱点を克服しできそうですね。つまりまだまだ「伸びしろ」というべきか、可能性のあるのが「ロータリーエンジン」であるといえます。

今回のようなロータリーによるモンスターマシンを見るにつけ、今後のロータリーエンジンの復活が楽しみですよね!