今年の夏は美しい上高地へ!穂高岳の朝焼け、明神池の朝もやが見れるのは「明神館」だけ

明神館

朝焼けの宿 明神館とは?

明神館

遊歩道を抜けると、こつ然と現れる明神広場と明神岳(穂高岳)。明神館は、この明神広場に立し、明神岳に囲まれた最初の山小屋であり、最後の旅館でもある一軒宿です。明神館周辺地区は、上高地の上下の盆地の中で、最も厳しい規制がかかっているエリアであるため、明神館は上高地ハイキングや登山の方がバックパックで宿泊する宿となっています。じっくりと上高地を味わう方にオススメです。そして明神館に泊まる醍醐味は、何といっても通常の観光客が見れない午前7時までの穂高岳の朝焼けや明神池の朝もやが見れること。美しく神秘的な風景に言葉にできないほどの感動を味わうことでしょう。

上高地の美しい大自然を堪能しよう

明神館

日本文化財に指定されている上高地は、環境保護のためにマイカー規制が施されています。車で行かれる方は上高地が推薦する沢渡駐車場に駐車し、タクシーかシャトルバスで上高地へ向かいましょう。明神館へは上高地バスターミナルから現在の上高地のシンボル「河童橋」を通過し、3kmほどの平地ハイキングとなります。向かう前にまずは、人気観光スポット「河童橋」へ立ち寄りましょう。

明神館

上高地バスターミナルから徒歩5分にある河童橋。橋上から望む穂高連峰や焼岳、梓川の美しい風景は、訪れるすべての人を魅了します。5月の連休や夏季、紅葉の季節には観光客が多く訪れ、河童橋付近は「上高地銀座」と呼ばれるほど賑わいます。

明神館でのおすすめな過ごし方とは?

明神館

チェックインは15時から。森林浴を楽しみ、遊歩道を抜けると現れるのが明神館。食堂•売店があるため、宿泊でない方も立ち寄る上高地ハイキングと登山の基地となっています。お部屋は個室と相部屋があり、トイレ•お風呂は共同。清潔なお部屋、ウォシュレット付きのトイレなど、宿の人々が真心込めておもてなしをしています。お部屋で一息ついたら、お風呂へ参りましょう。

明神館

お風呂は展望浴場。写真は男女浴槽からの景色です。湧水なので、お肌に優しくまるで温泉のよう。自然に囲まれたお風呂からの景色の美しさに感動することでしょう。15時から20時までの利用となるので、時間に注意してくださいね。

明神館

お風呂で身体を癒した後は、お腹を満たしましょう。新鮮な食材を使い、旅館のような豪華なお料理に皆さん驚かれるはず。とても山小屋には思えません。ボリュームたっぷりで満腹になること間違いないでしょう。食事中には、オーナーの貴重なお話も聞けるので、エンターテイメントのような時間を楽しめます。

食後は、一度宿の外に出て、夜空をご覧ください。夜の気持ち良いそよ風を浴びながら見る満点の星空は見応えありです。21時門限、21時半消灯になるので、翌朝に備えてゆっくりとお休みください。

次ページこれぞ、上高地始まりの地。朝の絶景は必見!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives