車で煽られた時はどうすればいい? 危険を避ける対処法は?

煽り運転について

一般的に煽り運転とは、前方を走行する車両に対して車間距離を異常に詰めてプレッシャーをかけたり追い回したり、ハイビーム、クラクション、幅寄せなどによって嫌がらせをする行為を指します。そのような行為をする理由としては、通常、前走車に進路を譲るように強要するというものが多いかとは思いますが、中には単に面白がってやるような悪質なケースも存在します。

さて、この煽り運転ですが、道路交通法26条が禁止する車間距離不保持に該当し、前走車との十分な車間距離をとらなかった場合には「車間距離保持義務違反」が適用されます。また、そのような危険運転をした結果、相手を事故や死傷などに追いやった場合には「危険運転致死傷罪」が適用され、最長で20年以下(加重によっては最長30年以下)の懲役など、重い処分を受ける可能性があります。

この「危険運転致死傷罪」が2001年に新設される以前は、危険行為に起因する事故の加害者に対して「業務上過失致死傷罪」が適用されていましたが、度重なる飲酒運転や故意による危険運転行為に対する厳罰化のために「危険運転致死傷罪」が新設されました。

下記のような対処をする人も…

それでは、皆さんがもし煽られる側の立場になってしまった場合にどんな対処をするでしょうか。煽られた場合の対処法が質問されたQ&Aサイトにおける、一般ユーザの回答を中心にいくつかの対処法を挙げてみたいと思います。

・急ブレーキや意図的なブレーキングでやり返す。
・ブレーキランプが点かないサイドブレーキやエンジンブレーキでやり返す。
・性能で自分の車両が勝るなら、速度を上げてブッちぎる。
・ウォッシャー液を大量噴射で嫌がらせ。
・後ろの車の事など気にせず、そのままマイペースで走行し続ける。
・さっさと道を譲ってしまう。

こんな感じの対処法が比較的多く見られましたが、皆さんが煽られた時に行う方法も含まれていましたでしょうか。では、これらの対処方法についての危険性等について考えてみましょう。

次ページやってはいけない対処法

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事