バイクのエンジンを搭載…最高速度225km/hを発揮するセルボの正体とは?その他カスタムも

SC100にGSX-R1000のエンジンを載せたから「SCX-R1000」

こちらの初代セルボ、ヨーロッパには「スズキSC100」の名称で50馬力の1000ccエンジン「F10A」を搭載して輸出もされていたのですが、最軽量モデルで車重625kg(輸出型はセルボの550kgより重い)という軽量ボディにGSX-R1000の185馬力エンジンを搭載しています。

見るとロールバーなどの補強も入り、4気筒SOHC1000ccのF10Aより重い4気筒DOHC1000ccエンジンですから車重700kgくらいではと仮定しても、単純に考えてパワーウェイトレシオは3.78kg/psと、遅いはずが無く、実際に最高速度は225kn/h、0→100km/h加速も4.8秒と素晴らしいスペックを持っています。

しかし、何より、30年以上前の車をこれほど内外装とも完璧にレストアした上で、当然エキゾーストノートもGSX-R1000のそれですから、見た目とサウンドでもう十分気分が盛り上がります。

何だか長いセルボがいる

スズキSC100(初代セルボ)改
スズキSC100(セルボ)改

これだけ初代セルボが海外でピカピカのコンディションで保たれているという事は、結構海外の好き物に愛される車に違いない!という事で、調べてみると、またすごい車がいました。

確かにフロントマスクはセルボですし、ルーフやサイドウィンドウを見るとセルボそのもの…なのに何か長い!そしてフェンダーもワイド!こちらはSC100とはまた別に、イギリス名「whizzkid」として輸出されていたセルボ…に、トヨタAE86のパワートレーンを組み合わせたカスタムカーらしいのですが、何かフォードのマスタングっぽくも見えますね。

そもそもRRレイアウトのセルボ(whizzkid)をFR化しているわけなので、広いとランクができて嬉しいな・・・ではなく、リアに伸ばすプロペラシャフトを通すスペースがあったのか、非常に気になるところ。

セルボのキャビンだけを残して前後にパイプフレームか何かを切った貼ったしたというより、何か他のベースの車にセルボのピラーやルーフを載せて、フロントマスクを組み合わせた車なのかもしれません。

次ページまだまだあります、初代セルボベースのビックリカスタムカー!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事