350万円!?なぜトヨタ MR-Sは中古車市場で人気?MR-Sの燃費・走行スペックも!

トヨタのミッドシップスポーツカー MR-S

トヨタが初のミッドシップスポーツ、AW11初代「MR2」、通称「エーダブ」を送り出したのは1984年。エンジン横置きFF車という手法が、E80系カローラでようやく確立された事から、そのパワートレーンを前後逆に搭載することで成立した車です。

その手法は目新しいものではなく、「フィアットX1/9」など前例があった事から、トヨタがそうした車を作る事にそれほど驚きの声があったわけではありません。

しかし、当時のトヨタはE80系カローラの「カローラレビン/スプリンタートレノ」すなわちAE85/AE86では、あえてFRを採用した事もあり、ツーリングカーとしてのレビン、トレノとは別なスポーツカーを並立させたことが話題になりました。

レビン/トレノのモデルチェンジによるFF化とスーパーチャージャーの設定に先んじて、AW11にはスーパーチャージャーが搭載され、高性能ミッドシップスポーツとして人気になっていきます。

1989年には2代目SW20型(通称「エスダブ)にバトンタッチしますが、初期の1型はサスペンションセッティングなど煮詰めが甘いジャジャ馬で、1600ccスーパーチャージャーの4A-GZEから2000ccターボの3S-GTEへとトップモデルのエンジンが換装されたことで、それがより顕著になってしまいました。数回のマイナーチェンジで十分な安定性を確保した後も、引き続き好評で、ジムカーナ競技や走行会ではまだ現役です。

そして1999年に後継車として登場したのがMR-Sです。

MR-Sの特徴

1999年10月、MR2の後継モデルとして登場したトヨタ MR-S。パワー・スペック競争に巻き込まれてしまったため、トヨタとしても不本意に言わざるを得なかったMR2に対し、パワーを控えめにする代わりに軽量化に力を入れたことが特徴です。

販売期間は1999年~2007年でMR2の後継モデルとして誕生しました。

乗車定員は2名で、車体サイズは3,895×1,695×1,235ミリ(全長×全幅×全高)。970kg~1,020kgという車重はハードトップである事を考えても、現代の車としては軽量です。1.8Lのターボエンジンを搭載した1.8Lモデルは、車重のおかげでもあって、最高出力140ps/6,400rpmというスペックながら、スポーティーな走りを楽しめます。

MR-Sには前期モデルと後期モデルが有り、搭載するエンジンは同じで、前期は5速MTと5速セミAT、後期は6速MTと6速セミATのラインナップで、前期と後期ではヘッドライトとリアのコンビネーションランプのデザインが異なりました。

カスタムパーツも数多くのメーカーから販売されました。中古車市場を見ると分かるのですが、多くのオーナーが走りとともにカスタムを楽しんでいたようです。

それまでのMR2とは大きく異なったMR-S

MR-S

MR2からMR-Sへのバトンタッチに際してはいくつか大きな変更が行われました。

MR-Sは、ハイパワースポーツではなくライトウェイトスポーツとしての性格に重点を置かれ、排気量をダウンした新型エンジン、それもセリカなどに搭載されたハイパワー版2ZZ-GEではなく、わずか140馬力の1ZZ-FEを採用したことがまず挙げられます。

そしてSWの時代にも「MRスパイダー」の名で特装車は存在したものの、トヨタの量産スポーツカーで、MR-Sが初めてのオープンカーになった事です。いずれも"ライトウェイトオープンスポーツ"として正統的な姿、カタログスペックにこだわらない姿で誕生したのがMR-Sでした。

しかし、どちらかといえばカタログスペック重視で保守的なトヨタユーザーとしては、「MR2と比べ、物足りないエンジンに、日常的な駐車などで不安がつきまとう幌式のオープンカー」という印象を持たれ、MR-Sは日本国内では不評でした。

スポーツカー需要の低迷や、パワートレーンを同じくするセリカ(ZZT230系)の生産終了もあって、2007年には細々と続いていた生産も終了、トヨタブランドとしては一時期スポーツカーが消滅してしまいます。

消えたリアトランク

トヨタ MR-Sで特に注目すべきところは車重を減少させる為に、普通ならエンジンの後部にあるはずのトランクを無くしているのです。

そのためMR-Sはリアオーバーハングが非常に短くなっています。

それでは荷物スペースは無いのかというと、実はシート背後にトランクを設けてあり、利便性にも抜かりはありません。ミッドシップスポーツカー向けの判断としては納得ですね。

MR-Sの走行スペック

MR-Sの走行性能の高さは、軽量な車両重量と後方にエンジンを置くMR方式による高いトラクションから生まれるています。

搭載するエンジンは1,800cc直列4気筒DOHCで、最高出力140PS/6,400rpm、最大トルク17.4kgm/4,400rpmと、一般的なスポーツカーに比較すると非力なスペックですが、軽量なボディにより、実際の走りではスペック以上のパフォーマスを発揮しました。

また、MR-Sにはオートマ限定免許でも乗れるクラッチペダルの無いセミATも用意されました。このクラッチ操作が自動で行うミッションは、国産車では初めてでした。

高いコーナリング性能を有する反面、限界域では扱いが難しいMR駆動ですが、純粋なハンドリング性能と最低限の電子制御によってサーキット入門車としても人気があり今日でもサーキットユーザーの中では人気があります。

マニアには、走行性能を高めるためにターボ化や2ZZエンジンへの載せ替え、ホンダのK20Aへの載せ替えなど、さらに高い走行性能のある車両に仕上げるユーザーもいます。

MR-Sの燃費・維持費

気になる燃費ですが、カタログでは14.0km/L~14.8km/L。車重が軽いおかげで数字は決して悪いものではありません。ましてや走りを楽しむモデルとして登場したことを考えれば及第点です。

排気量が1.8Lなので、自動車税は年間39,500円。維持費は並レベルですが、先にもお伝えしたようにMR-Sを手に入れたら、やはり「自分だけのMR-S」にしてみたくなるものなのかもしれません。そのカスタム費用も維持費の一部として考えると、意外にお金がかかってしまうのかもしれません。

MR-Sの人気はイマイチ?その理由は

実際売り上げはどうだったのかというと、同時期に発売されていた2代目ロードスターは全世界で30万台の大ヒット売り上げを記録しているのに対し、MR-Sは8万台弱という結果になっています。

不振とは言えないまでも、ロードスターには大幅に負けており、特に国内では人気があまり高くありませんでした。一体なぜなのでしょうか?

初代MR2は日本初のミッドシップスポーツカーとして人気を集め、その人気は2代目MR2にも受け継がれて独自の存在感を示していました。

しかし、MR-Sはボディをオープンモデルにしたため、ミッドシップとしてでは無く「オープンカー」としての特性が目立ってしまったために従来の路線からは外れ、「それなら定番のロードスターを買おう」という風潮を生んでしまいました。

当時のMR2ファンにも大きな戸惑いを与えたと思います。さらに外観に関しても大きな変化はあったものの、ポルシェの外観を踏襲したものになっており、独自の個性を保つことが出来ていなかったのです。

しかし現在、国内では珍しいミッドシップタイプのオープンカーということで中古車市場では一定のニーズがある車種です。

MR-S廃盤後に人気沸騰。気がつけば中古車市場でライバル不在

しかし、現役車種が廃盤後に人気車種となるのはよくある話です。トヨタ MR-Sも、よくよく考えてみれば安価に購入でき、国産で量販車ベースのため部品供給も容易なミッドシップスポーツ。ましてオープンカーとなると前述のエスダブをベースとした「MRスパイダー」などの特装車を除けば唯一無二のミッドシップオープンスポーツだった事もあり、廃盤後に人気が上昇しました。

特に漫画やアニメ、ドラマなどで活躍したわけではありませんが、ジムカーナ競技や走行会では非力なエンジンながらも軽量ミッドシップを生かした軽快な走りを見せ、ハイパワーな2ZZ-GEエンジンに換装すれば、動力性能でのハンディも無く、ライバル他車に対してパワーでも十分対抗できたのです。

また、特徴として多段式ATではなく、電磁クラッチ(シングルクラッチ)を使ったシーケンシャル式セミATの設定もあり、MT同様のダイレクト感を持ちながらAT限定免許でも乗れるというアピールポイントがあったのも、有利に働いているようです。

トヨタ MR-Sの中古車市場をネットでチェックしてみると、全国で280台以上の在庫がありました。

相場に関しては走行距離相応。安いものは、10万キロ走行で30万以下の価格で流通しています。一方、状態の良いものは、200万円前後と、流石にそれなりの価格です。さらに、カスタムもされている車両だと、350万円という中古車価格のものもあります。生産終了前の、MR-Sの新車価格が約186万〜240万で販売されていたことから、特殊なモデルだということがわかります。状態の良いMR-Sですと、値引きも少々厳しいかもしれませんね。

ちなみに、MR-Sの中古車平均価格は、63.8万円となっています。
(2017年4月時点)
※中古車の特性上、価格や在庫等は変動する可能性がある点は予めご了承下さい。

個性的なカスタマイズモデルも

安価なライトウェイトスポーツであるMR-Sの素性に目をつけた、トヨタ純正カスタマイズ部門のモデリスタからは、派生車種として「カセルタ」というヨーロッパテイストのカスタマイズモデルが限定150台で販売されました。

他にトムスのボルトオンターボ仕様などもありますが、ベース車が安価なだけにこうしたモデルも中古で220万円前後で入手可能で、個性的なライトウェイトスポーツを求める人にはオススメできます。

今やミッドシップスポーツというと軽自動車のホンダ S660や、同じくホンダのスーパーカーで新型が登場する「NSX」くらいしかありませんので、その中間の手ごろな大きさのミッドシップスポーツを、S660の新車より安く買えるというのは魅力的なチョイスかもしれませんね。

爽快感を味わえるオープンカー|人気中古オープンカー12選と中古価格
お金がなくてもスポーツカーに乗りたい!お手頃国産スポーツカー10選

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事