見た目が紛らわしい?Nシステムとオービスの違いとは?

Nシステムとは?

Nシステム

各地の道路に設置されている「Nシステム」という名は通称で、正しくは「自動車ナンバー自動読み取り装置」です。

また、「車両捜査支援システム」、「初動捜査支援システム」、「車両ナンバー捜査支援システム」、「緊急配備支援システム」などと呼ばれることもあるようです。「Nシステム」の「N」は、Numberの頭文字Nから取られています。

「Nシステム」は、警察が道路上に設置し、走行中の自動車のナンバープレートを自動的に読み取るシステムです。現場から逃走した容疑車両、盗難車両等を速やかに発見し、犯人の検挙をするために整備されました。

1980年代後半に科学警察研究所とNECが合同で開発。実用第1号は、1987年に国道14号(東京都江戸川区新堀付近)に設置されました。

Nシステムを通過した車両は、すべて自動で記録され、警察の手配車両リストと照合。手配車両もしくは近しいものであることが判明すると、同時に車種・所有者・メーカーなどが割り出され、関係部署に伝達されます。

速度違反取締装置ではないので、「Nシステム」で撮影した画像が速度違反の検挙に使われることはないようです。

次ページオービスとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事