「ア・イ・シ・テ・ル」のサインなど教習所では習わないけど、街中で見かける光景

ハザードランプのいろいろ

ハザードランプ

車を運転していると、ドライバー同士の意思疎通で、使う頻度が多いのが「ハザードランプ」です。

ハザードランプの正式名所は「非常点滅表示灯」で、いわゆる非常時に用いるランプ。本来は、高速道路で緊急停止をした場合など、まわりの車に危険を知らせるときに使いますが、実際に運転していると、他の意味でハザードランプを使うことがあるのです。

①サンキューハザード

サンキューハザードは、道を譲ってくれたり車列に合流させてくれたりしたとき、後続の車に感謝の気持ちを伝えるために使います。

ただし、ハザードランプの本来の意味は非常事態を伝えること。感謝を表すためのものではないので、注意が必要です。

②高速道路での渋滞最後尾

これは教習所で習いますね。高速道路を走行中、前方が渋滞して自車も停車を余儀なくされるとき、後続の車に知らせるために使います。

もし前を走っている車がハザードランプをつけながら減速を始めたら、こちらもハザードランプをつけて後続車に渋滞を伝えます。

③駐車時のリバースハザード

ハザードランプを使う場面でもうひとつ、駐車をするときに使うリバースハザードです。

商業施設などの駐車場で、バック駐車をするときに、その意思表示としてハザードランプを点滅させます。

このように同じハザードランプでも場面によって伝える意味が異なるので、ケース・バイ・ケースで判断しましょう。

ヘッドライトのいろいろ

オートハイビーム 夜間走行

ハザードランプの次によく使われるのがヘッドライトです。

ヘッドライトは、一般的に夜間走行時に使用するものですが、昼間走行時も、すれ違う車がヘッドライトを点滅(パッシング)することがあります。

この場合、対向車はコチラに対して、何かしらの注意喚起をしているわけです。その場の状況によって伝えてくる内容は異なりますが、よくある注意喚起として以下2つが考えられます。

①ライトの消し忘れ

多いのがライトの消し忘れ。対向車がパッシングで教えてくれることがあります。

②道を譲るor先に行く

路地から出たい、交差点を曲がりたいときなど、交差する車がパッシングをして、こちらに道を譲ってくれることがあります。

ただし、運転手によっては自車が先に進みたいといった場合にパッシングすることもあるので、見極めが必要です。

次ページクラクション、ブレーキのいろいろ

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives