見た目だけではない?ターボ車にブースト計をつける理由とは?

ブースト計とは?

ターボ車に必須!?だったブースト計、その意義とは…。80年代、パワー競争が盛んな時期のターボ車は、大径タービンで、低速はスカスカだけど3000~4000回転を超えると凄まじい加速を始める、いわゆる「ドッカンターボ」が主流でした。これは今の高効率を追求したダウンサイジングターボとは全く異なる性質を持ったものでした。

そんな時代のターボ車によく付いていたのが「ブースト計」です。過給がかかると一気に駆け上がる針に心躍ったものです。またブースト計が純正装備されているクルマもありました。簡易的なものですと、過給がかかった事を合図する「タービンマーク」が点灯するパターンもありましたね。

このブースト計、当然過給のかかり具合をチェックするメーターなのですが、必要性は…というとどうなのでしょう…。

そもそも計器の意義は…

クルマについているメーター、計器の類は、当然ながら「クルマのコンディションを知る」という事が挙げられます。

今でこそパーツの品質が上がっており、(ECUやインジェクションによるマネジメントが高性能化しているため、あるいはコスト削減のため)水温計すら付いていないクルマも散見されますが、かつては360cc時代の軽自動車でも水温計が装備されていました。

常にクルマのコンディションを把握しながら走行させることが必要だった為です。

ブースト計の意義

そうして考えると、ブースト計もターボ車であれば極力欲しい装備です。もちろんメーターの視覚的なギミックに凝ったものもあり、自己満足、という面もなくはないですが、ブースト計から得られる情報、というのも重要なのです。

たとえばフルブーストで1.0kgf/cm²まで普段かかるクルマが、0.5や0.4までしかかからない、という場合、パイピングが外れている等の何かしらのトラブルが発生していると考えられます。

ターボエンジンはタービン等追加装備が増えている事、またエンジンにも負荷が掛かる事、こうした点からも気を配る必要があります。基本的に少しでも多く愛車のインフォメーションを得た方が望ましい、といえますね。

次ページ意外な?ブースト系の使い方

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事