生産台数9台のみ?"2300cc" エンジンを積む幻の"トヨタ 2000GT"とは?

トヨタ2000GTに幻の「2300GT」が存在した!?

1967年に発表されたトヨタ2000GT。生産台数はわずか337台といわれており、うち国内販売されたものが218台、日本に現存しているのは100台前後とも。それゆえに、1億円!のプライスがつくほどの文句なしの「プレミアム・ヒストリックカー」です。

車名があらわすように、2000cc直列6気筒DOHCエンジンが搭載されています。しかし、2300ccのエンジンを搭載したモデルが9台存在していた、という事実があるようなのです。

ただでさえレアな2000GTに、さらにレアなマシンが存在していたといえますが、一体どんな理由から?興味が湧きますね。また、なんとそのクルマの一台は現在、お台場にある「MEGA WEB」に展示されているそうです。

ヤマハとの奇妙な?関係

トヨタ2000GTを語る際に欠かせないのが「ヤマハ」の存在です。よく「2000GTは実際はヤマハが作った」という噂を聞きますが、どうなのでしょう。

事実、ヤマハは2000GTのコンセプトをトヨタサイドに持ち込んだとされているようです。技術力はあるヤマハですが、4輪車を販売するチャンネルを持っていない事、自社製作するにはリスクが非常い大きい、といった所から、トヨタに企画を持ち込み、「技術供与」をする形で製作した、と見るのが事実に近いといえそうです。実際にボディの成形や塗装には楽器(ピアノ)で培った技術が応用されているそうです。

そしてエンジンに関してはツインカム化させています。1960年代の事ですから、当時からヤマハはエンジンや多方面で高い技術を持っていた事がうかがえます。当時のトヨタは販売能力はあっても技術面が十分でなかった為、ヤマハとの関係を築いていったといえます。そしてその関係は現在も続いており、レクサスLFAにおいてもその高い技術を発揮しているのが歴史を偲ばせる事実ですね。

さて、どうやら2300ccエンジンの搭載を打診したのはこのヤマハのようなのです。

幻の2300ccエンジンの正体とは

お台場に展示してある2000GTのエンジンは、「直列6気筒SOHC 2,253 cc エンジン」なのだそうです。また左ハンドルなのだそう。この点を見ても、北米を念頭に置いたモデルである事がわかります。

このエンジンは当時、北米向輸出仕様のクラウンとコロナマークIIに搭載されていた2M型を基本にソレックスツインチョークキャブレターを3連装した2M-B型エンジンを搭載しているようです。

この俗称「2300GT」の開発は、ヤマハ側がトヨタに対して提案する形で進められ、やはり北米市場向けに廉価版としての展開を想定したとも言われています。実際にはトヨタの内部で反発があり、計画はとん挫したと言われています。

なぜSOHC2300ccエンジンにしたかといえば、諸説あるようで、「北米では複雑なDOHCエンジンはメンテナンスできない為」とも、「排ガス規制をパスするため」とも言われています。

ちょうど1970年にアメリカでは「マスキー法」が成立しています。これは1975年までに排出ガス減少技術を完成させ、既存自動車排出ガス水準の 10分の1まで自動車排出ガスを減少させようとする、というものでした。

実際には石油危機や様々な社会事情から棚上げにされていったのですが、当時としては厳しくなる大気汚染防止法にどう対応するか、というのが自動車メーカーとっての大きな課題でしたから、排ガス規制対策、と見るべきかもしれませんね。実際にエアポンプからエンジンの排気にエアを送る配管があり、排気ガスを薄めて放出するシステムが装備されています。

次ページ何故「幻」となってしまったのか…

2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.3万km
詳細を見る
2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.2万km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事