共に"インプレッサベースのクロスオーバーSUV"と呼ばれた、フォレスターとXVは何が違う?

スバル フォレスター

スバル フォレスター

インプレッサをベースにしたSUVとして、初代が1997年にデビューしました。2012年11月に発売された現行モデルで4代目となります。SUV王国アメリカでも大人気のモデルで、日本の10倍以上の販売台数を誇っています。別バージョンでは、街中の狭い道路か高速道路からオフロードまであらゆる走行状況を考慮した設計で、舗装路でのスポーツ走行を考慮したSTIバージョンもあり、こちらも高い人気です。

全モデルに、縦置き水平対向エンジンと四輪駆動を組み合わせるシンメトリカルAWDが採用されていて、十分な動力性能と扱いやすいサイズ、ボディサイズ以上の広い室内、そして抜群の走行安定性と悪路走破性能、更になんといっても280馬力モデルが約300万円というコスパの良さからも、人気の高さに納得がいくでしょう。

スバル XV

スバル XV

XVもフォレスター同様、インプレッサ5ドアハッチバックがベースのSUVです。2010年に3代目インプレッサのクロスオーバーモデルとして誕生しました。一体感のある造形タイプの専用フロントグリル&バンパー、サイドクラッディング、ルーフレール、ルーフスポイラーを装備しており、印象的なデザインで、こちらも高い評価を得ています。

現行モデルは2012年9月に出た2代目で、このモデルからインプレッサの名前を取って「スバル・XV」となりました。2013年6月にはハイブリッドモデルも追加されていて、XVは幅広い層のファンから人気の車種です。

それでは、ボディサイズ、エンジン、乗り心地の3つの観点で比較してみましょう。

ボディサイズの比較

スバル フォレスター

・フォレスター
全長4,595mm×全幅1,795mm×全高1,715(1,735)mm

・スバルXV
全長4,450mm×全幅1,780mm×全高1,550mm

いずれもインプレッサがベースなのでホイールベースは同じですが、XVはフォレスターよりも一回り小さなボディとなります。全幅はそんなに差はありませんが、全長は145mmもの差があります。また、XVは車高もぐっと抑えられていて、1550mmと立体駐車場にもギリギリ入る高さなので、街中での使い勝手も高められています。

小回り性能を左右する最小回転半径は、ボディサイズが変わっても実は二車とも同じ5.3Mで、SUVとしてはかなり優秀な数字と言えるでしょう。

室内サイズはフォレスターとXVでどう違うのか?

フォレスター

◼︎フォレスター

2095×1540×1280mm

スバルXV

◼︎XV

2005×1490×1205mm



こちらもボディサイズに応じた室内サイズとなるため、フォレスターの方が余裕の室内になっています。これだけ広ければ、快適な車中泊ができそうですね。

最低地上高

フォレスター

◼︎フォレスター:220mm

◼︎スバルXV:200mm


車高に応じた最低地上高です。XVの200mmは一般的なワンボックスと同じ数字、フォレスターの220はランドクルーザーやエクストレイルなどのSUVの平均的な高さと同じです。

悪路走破性を考えると最低地上高は高いほうが良いですが、その分、高齢者や小さな子供には敷居の高い車になってしまいます。

次ページエンジン・乗り心地の違いは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事