「タイエース」と呼ばれるハイエースはどんな車?日本での発売予定はないのか?

トヨタの最上級ワンボックスとして躍進

ハイエースは1967年に登場した、トヨタ最大のワンボックス車です。当初は4ナンバーのライトバンだけでしたが、やや遅れてワゴン車も登場しました。以後、日産のキャラバンとともに5ナンバーサイズのワンボックス車として人気を集めています。

1982年に登場した3代目では、ヘッドライトに角形2灯を縦に配置。上級モデルにはツートンカラーも設定され、高級感のあるデザインで人気を集めました。

トップ・オブ・RVを極める

ハイエース

1989年4代目で100系となったハイエースは、大きく進化することになります。特にワゴン系の進化が著しく、最上級グレードのスーパーカスタムリミテッドには、クラウンロイヤルサルーンのような豪華で快適なシートを採用。トリプルムーンルーフを採用し、明るさと開放感を演出しました。

しかし、2004年にモデルチェンジした5代目(200系)ではライトバン中心となり、ワゴンはレンタカーや送迎用の10人乗りのみとなってしまいました。理由としては、安全基準の強化によりボンネットのないワンボックスカーが基準を満たすのが難しくなったことがあります。

1995年にグランビア、1999年にグランドハイエースが登場し、ディーゼル規制の強化などもあり、ワゴン車はそちらに推移。その歴史は、現在のアルファードへと続いて行きます。

ハイエースがフルモデルチェンジで300系に!?2018年頃に発売か!
ハイエースユーザー必見!前席の居心地と使い勝手を格段に良くする方法とは?

次ページタイのハイエースは超豪華!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事