「本革」に負けない質感!?高級車にも採用される近年の「合成皮革」の実力とは?

贅沢という認識の本革インテリアは本来そうではない?

遠い昔、馬車の時代。本革シートというのはあくまでも耐久性の面から馬車の馬を操る使用人の為のものであり、客室内のシートは布製というのが定番でした。つまり布の方が高級だった、というのが本来のルーツだったりします。しかし時代とともに本革の希少性や独特の風合い、しなやかな肌触りなどが珍重されるようになり、自動車のインテリアに本革を用いることが高級の証という、逆転現象が起こったわけです。

一方で、繊維の「性能」も良くなり、安価で丈夫な合成繊維は厳しい条件の自動車のインテリアにおいて十全に耐久性を発揮し、快適性とコストとを両立できる代物になったこともまた同時進行的に起こっていたとも言えます。本革=高級の図式はこんなところにあったと言えるでしょう。

しかしあくまで本革は「天然素材」。十分なナメシ加工を施し着色を施しと手間をかけられているとは言え、手厚いケアを怠るとたちまち劣化の憂き目に遭うことになります。また紫外線にも弱く、せっかくの風合いも時間とともに硬化、ヒビ割れなどを起こし、見るも無残な結果になることも。天然素材である本革シートの風合いを保つためにはそれなりに上等な扱いをしなければならない、つまり使い手自身が相応に知識を求められる代物と言っていいはずです。

自動車のインテリアにこそ、同じレザーであるなら合成皮革の方が適している、という考えはずいぶん前からありました。しかしやはりそこはユーザー心理として、どうしてもビニールレザーのあの安っぽいものをイメージしてしまうため敬遠されがちだった。ところが最近では素材の改良も進んで、まるで本革と見紛うような商品まで登場しています。

言われなければわからない?合皮の高い質感

日産 フーガ Y51

最近では国産高級車でも合成皮革を使用するものが増えてきました。画像はY51フーガ前期モノの「ネオソフィール+ジャカード織物」のコンビシート。シート中央部分を織物ファブリックにしているのはおそらく滑り止めと通気性の問題体と思われますが、実際触れてみてもこれが合皮とはちょっとわからないくらいの仕上がり。しっとりとしていてしなやかな触り心地は本革と言われても信じてしまう、あるいは、これよりもっと質感の低い本革もあるのではないか、というほど。

実は国産外車問わず、本革インテリアを選んでも、実際に本革が使われているのは身体に触れる部分だけだったりします。カタログなどを見ても「部分的に合皮を使用しています」といった但し書きがあるくらい。聞けばこのY51フーガもドア内張り部分は全車合皮だということです…これも聞くまでわからなかった。

やはり天然素材の本革は、自動車のインテリアにはハードルが高いということが大きいのと、あとはコストダウンといったところだと思いますが、実はこのように合皮はクルマのインテリアでは地味に活躍しています。

むしろ、合皮を選ぶ、という人もいるようです。ある自動車シートの張替え業者の方のお話を聞くと、特ににカスタム系のオーナーさんによると、合成皮革の方が加工の自由度も高いし、質感も本革と変わらない、しかも本革より安く耐久性もある、という理由で、内装の張替えにはむしろ合成皮革を選択するという人が多いのだとか。あるいは、本革のデリケートさにほとほと嫌気がさして、ベンツの本革内装を全て合成皮革で張り替えた、なんていうオーナーさんもいらしたとか。

そうそう、ベンツといえば、あの素材。忘れてはならない最強の合成皮革がありました…。

かつて存在したMB-TEXは最強の合成皮革?!

メルセデス・ベンツのEクラス、かつてはミディアムクラスと呼ばれていましたが、これのW124型、または190EのW201型までには「MB-TEX」と呼ばれるインテリアが、布内装の数万円高で用意されていました。メルセデス・ベンツは、本国ではタクシー用車両としても多数使用される信頼性高いクルマですが、同時に高品質をもウリにしているメーカーですから、タクシー用のインテリアにも手を抜くことはできない。そこで出てくるのがこのMB-TEX。

MB-TEX・・・つまり本革ではないと。でないとすると、そう、合成皮革、なのですが、これがなんとじつに質感に富んでいるわけです。これまた言われなければ本革とは区別がつかない、あるいは、あまり知識のない中古車屋さんでは「本革インテリア」として売ってしまったことも実際あったそうですが、それほどの代物。それと同時に、あくまで合成皮革であり、しかもタクシーで使用されてもヘコタレない強靭さも併せ持っていますからお手入れが非常にラク。水拭き一発でサッと綺麗になってしまいます。

メルセデス・ベンツはこのMB-TEXを本革のフェイクともレザーとも呼んでいませんでしたが、本革に見えて本革でなく、しかも耐久性バッチリという、自動車用のインテリアとしては、ちょっと例を見ない質感をもった素材だったわけです。ただし、これをオプションで選択しても日本国内在庫は皆無状態だったため完全な受注生産。納車までに数ヶ月待つ、なんていうのは当たり前だったとか。それでも敢えて選ばせるだけのものがあったわけですよね。

最新のメルセデス、CクラスなどにもレザーARTICOと呼ばれる合成皮革を用いていたりして、これもまた言われなければわからないだけの質感を持ち合わせている素材。もちろんメルセデス以外にも合成皮革を使用しているメーカーはたくさんありますが、もはや、本革か合成皮革か、あまりこだわらなくてもいいような気がしてきます。


ビニールレザー、と言ってしまうとなんだか安っぽいイメージですが、その耐久性や昨今富みに高まっている品質、質感など、合成皮革もまた見直されていい時期が来ているのかもしれません。メーカーとしてもコストを抑えられるメリットがあるでしょうし、ユーザーにとっては耐久性の高さやお手入れのしやすさなどのメリットは小さくないはずです。最近はシートベンチレーターやシートヒーターといった装備も普及していますから、夏冬の熱さ冷たさにも十分に対応可能のはず。

本革というのは天然素材、故に本来限りのあるもの。そう考えると量産品である自動車には合成皮革のほうが適しているのかもしれませんね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事