昔はなぜハンドルを替えたのか?今、替えなくなった理由とは?

一番の目的は小径化?

特別仕様車 マジェスタ “Fバージョン・J-FRONTIER”

純正装着のステアリングホイールは、誰にとっても操作のしやすいサイズや形状の「平均的」な基準でデザイン、設計されていることが多いです。大量生産が前提の現代の多くの自動車には当然のことと言えるかもしれません。

しかし、ステアリングホイールは運転中、常に手に触れている部分であり、ドライバーにとってそのグリップ感や操作感、また小径化することでクイックなクルマの側の反応が得られるという点において、ステアリングホイール交換というカスタマイズが行われてきました。

何より自分の気に入ったデザインの格好いいものを取り付けたほうが、断然気分は盛り上がりますよね。ステアリングを変えることで運転に対する積極度も高まるかもしれません。また、しっくりと手になじむ本革巻き、あるいは丁寧なニスで仕上げた美しい木目が特徴のウッドステアリング、あるいは中には鎖の形状をしたものまで様々。

概ね純正ステアリングホイールよりも径が小さいものが市販されていることが多いです。

じつは、ステアリングホイール自体の重さも重要です

ちょっと思い出していただきたいのが、「軽量アルミホイール」のこと。動力機構の終端部とも言えるタイヤとホイール、この部品の重量が軽くなることで得られるメリットとは、加速、減速性能や、バネ下荷重軽減による乗り心地やハンドリングの向上など多岐にわたるものです。

ステアリングホイールにもそれと同じ考え方を持っていただくとわかりやすいですね。

ステアリングホイールはステアリング機構の「終端部」に位置しています。そのためじつは、ステアリングホイールそのものの重量、あるいは質量がステアリングの「操作感」、あるいは「フィーリング」において大きな意味を持ってきます。

重たいものがついているとそれだけで操作に要する力が重くなる、ま、それは今はパワーステアリングが補っていてあまり感じられませんが、しかしどうしても「ダルい」、「歯切れの悪い」印象となってしまいがちです。

ある意味重たくすることでステアリングホイールそのものの動きを鈍くして、足廻りからのキックバックを抑制しようという考え方もあるのですが、しかしそれではステアリングに伝わって欲しい「路面情報」を大きく損なうことにもなります。特にスポーティーカーにおいて。

そこで、やはりというべきか、軽量な社外品の出番、というわけですよね。

次ページ「エアバック」の問題も?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事