Sタイヤ、ラジアルタイヤ...その違いとは?

ラジアルタイヤとは?

「ラジアルタイヤ」と「Sタイヤ」は、そもそも対義語ではありません。Sタイヤはラジアルタイヤの一種なのです。それでは、ラジアルタイヤとは一体どんなタイヤなのでしょう?
タイヤ内にはカーカスと呼ばれる、ナイロンや鉄製の線材をゴムで覆った布のような構造があり、これがタイヤの基本的な骨格を構成しています。このカーカスの線材の方向を横向きにタイヤの回転方向と直角に並べたタイヤがラジアルタイヤです。

ラジアルタイヤに対比されるタイヤは、バイアスタイヤと呼ばれ、カーカスの線材の方向をタイヤの回転方向に対し斜めに配したものとなっています。バイアスタイヤのほうが歴史が古く、後に現れたラジアルタイヤのほうが、グリップ、耐久性、安定したハンドリング、燃費性とあらゆる性能が優れています。

反面、バイアスタイヤは乗り心地に優れますが、現在の乗用車のタイヤは、その殆どがラジアルタイヤとなっています。現在においては、ラジアルタイヤとは、ごく一般的なタイヤのことと考えてよいでしょう。

Sタイヤとは?

Sタイヤとは前項でも述べましたが、ラジアルタイヤの一種です。
Sタイヤの「S」とは、「セミレーシング」の略称であり、正式名称は「セミレーシングタイヤ」。ラジアルタイヤの中でも、よりレース用の性能を高めたタイヤを指し、溝が少なく、タイヤのコンパウンド(タイヤの素材)もよりグリップが高いものが使用されています。

Sタイヤとラジアルタイヤを比較すると…

Sタイヤの長所は、普通のラジアルタイヤと比較した場合、以下のような長所があげられます。
・タイヤの溝が少なく、グリップ力が非常に高い。
・レース用ということで、多数のコンパウンド(タイヤの素材)が用意され、性能の選択肢が多い。
・レース用のタイヤとしては「レーシングタイヤ」がありますが、レーシングタイヤは公道では使用できないのに対し、Sタイヤは公道で使用することができる。  

一方で、短所は、
・寿命が極端に短い、
・騒音が大きい
・乗り心地が悪い

その寿命の短さは、使用しなくても劣化が進む程であり、極端に短いです。乗り心地も悪いため、公道での一般的は乗用には向いていません。公道を走ることができるレーシングタイヤと考えたほうがいいのかもしれません。

一方でこんなラジアルタイヤも

前項までSタイヤとラジアルタイヤの長所と欠点を挙げましたが、こんなラジアルタイヤも存在します。

クムホというメーカーが販売するエクスタV700というラジアルタイヤです。溝が少なく、実質的な性能はSタイヤと同等の性能を持っていますが、Sタイヤと違い、同時に通常走行性能を持っています。また、最近はジムカーナ競技などでは、ラジアルタイヤのみの使用とし、Sタイヤを禁止する場合がありますが、このタイヤはラジアルタイヤですので、Sタイヤのレベルの性能を発揮し、Sタイヤ禁止の競技にも参加可能とのこと。ただし、寿命は短いようです。

ラジアルタイヤ、Sタイヤ、いずれを選ぶにしても、その詳細な性能を把握することが重要かもしれませんね。

チューブタイヤとチューブレスタイヤ…それぞれのメリットとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事