4WSはなぜ消滅したのか?

新技術としてもてはやされるも…

4WS

1985年、日産スカイライン(R31)に量産市販車として初めて4WSが搭載されました。舵を切ると後輪も操舵するという様子は、実際に見てセンセーショナルだった記憶があります。

その後、マツダ(カペラ、センティア、ユーノス800)、フォード テルスター、ホンダ(プレリュード、アコード)、トヨタ(セリカ、カリーナED、コロナ エクシブ)など、比較的実用的な車種に4WSと銘打った後輪操舵システムが与えられました。マツダなどは長い期間、諦めずに搭載しましたが、いつしか消滅しています。

理由としては、安定性やレスポンスに寄与するという触れ込みながら、ハンドリングを不自然なものにしてしまったこと、あるいは上手く制御できなかったこと、また小回り性にしても、独特の内輪差からむしろ運転しづらいという評判になってしまったのです。

マツダ RX-7 2代目

日産が、初めてR31スカイラインに採用したHICASは、どちらかというと旋回時のレスポンスと安定性を重視したスポーツ走行向きのもので、当時は4WSという括りでの解釈はなされていなかったと思います。

またこのHICASの他に、FC型マツダ サバンナRX-7のリアサスペンションもパッシブ(受動的)制御ではあるものの、後輪がステアする仕組みを持っていて、やはりこれもスポーツ走行向けのシステムと認識されていました。

ところが、後にそれらをキャンセルするアフターパーツなどが売り出されたところからしても、後輪がステアすることを良しとはしないユーザーが少なからずいたことが見て取れるわけです。

実際に当時の雑誌を読むと「自然な操舵感覚までもう一歩」などという批評文が掲載されていたりもしました。後輪は、どっしりと構えていてくれたほうがいいということなのでしょう。

次ページ4WSの存在理由と存在目的

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事