8億円のマイバッハ エクセレロ!さらにエクセレロを超えたマイバッハ6とは!?

ベンツSクラスを超える超高級車「マイバッハ」

マイバッハ

高級車の代名詞ともいえるクルマ「ベンツ」の中でも最高峰のクラスSクラスをさらに超える超高級車「マイバッハ」。

マイバッハはドイツのエンジンメーカーです。高級車メーカーとして活動したのち1966年にダイムラー・ベンツの傘下となりました。2002年にはダイムラーの高級自動車ブランドとして復活しています。現在はメルセデス・ベンツの最高級モデルとして君臨しています。

いったいそんな超高級車「マイバッハ」とはどんなクルマなのでしょうか??

まずは、マイバッハについていろいろとみていきましょう!!

1日にわずか5台!!!

マイバッハ

マイバッハは高級車ではなく「超」高級車です。なのでオーナーの好きな仕様にオーダーメイドで製造されます。多くの作業を職人が手作業で製造するため1日に製造できるのはせいぜい5台ほどなんだとか。

一流の職人が細部までこだわって製造しているからこそ「超」高級車と呼ばれているんですね!

外装はもちろん、内装のこだわりも一流です。

最高級のレザーシートに、リクライニングなんて当たり前。

標準装備の9.5インチモニターに加えて19インチの高精細モニターを装備し、BOSEの高級スピーカーによりまるでコンサートホールにいるかのようなサラウンドを実現。また、世界初のフレグランスも備え付けており、いつでもお好みの香りを車内で楽しめます。

また、車内には冷蔵庫も備えつけてあるので、シャンパン片手に優雅なひと時を楽しむことができます。

マイバッハにはここでは紹介しきれないほどの装備がこれでもか!とついており、まさに贅の限りを尽くした内装に。

クルマの中とは思えないほどの居住空間をつくりだしています。

VIPなサービス

マイバッハの展示車両は完全予約制。一人ひとりに専属のパーソナル・リエゾン・マネージャーがついて購入からメンテナンス、修理までマイバッハに関する全てのお世話をしてくれます。超高級車だけあってサービスもVIPです!!

ここまで超高級車「マイバッハ」の説明をしてきましたが、マイバッハの中にもクラスがあります。

一般的なマイバッハは57モデルや62モデル。

しかし、マイバッハの中にも最高峰クラスのモデルがあります。それが「マイバッハ エクセレロ」です。

これが超高級車「マイバッハ」の最高峰「マイバッハ エクセレロ」!

「マイバッハ エクセレロ」はマイバッハのスペシャルクーペモデルで車両重量2.6トンの超重量級にもかかわらず、最高速度は350キロ超えとまさに走る怪物なみのラグジュアリーカーです。

噂によると世界に23台しかないと言われている「マイバッハ エクセレロ」ですが、購入予定にもかかわらず支払い能力が足りずに購入できなかったという人もいるほどで、果たして誰が所有しているのかもわからないとも言われる謎に包まれたクルマです。

マイバッハ エクセレロ

それもそのはずでこの「マイバッハ エクセレロ」のお値段はなんと8億円!!! 世界で最も高いと言われている市販車であるランボルギーニ・ヴェネーノやブガッティ・ヴェイロンでも2〜4億円程度。(それでも十分に高いのですが笑)

「マイバッハ エクセレロ」はコンセプトカーみたいですが、その倍以上の価格がするわけでまさに化け物級なわけですね。

これだけでも凄まじいことなのですが、このクルマは別のことでも話題に上がっています。

なんとこのクルマをモデルにカスタムコンセプトされたデザインカーがヤバすぎると話題になっているのです!!

マイバッハ エクセレロのカスタムコンセプトカーも!?

「マイバッハ エクセレロ」をベースにヨルダンのデザイナーが発表した近未来型コンセプトのカスタムデザインカーも存在します。後輪はキャタピラーになっており、ロケットランチャーやマシンガンのようなものも装備しておりクルマと言うよりも戦車といった方が近いのかもしれません。

SF映画にもなかなか出てこなさそうなデザインで、インパクトが大きいものになっているそうです。さすが超高級車の中の最高峰「マイバッハ エクセレロ」がベースだけあってスケールも私たちの想像を超えていきます。

エクセレロを超えた!ベンツの最高級モデル マイバッハ6

マイバッハ6

8月19日、ダイムラーは米国カリフォルニア州で開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」を発表しました。

この新型モデルはモーターを搭載する電気自動車として開発されています。デザインは非常に長いボンネットと低く伸びやかなルーフに加えコンパクトなキャビンはクラシックカー的な印象も受けます。

ボディサイズは全長5700mm×全幅2100mm×全高1328mmとかなり大型なボディを採用。それに合わせて24インチという特大サイズのホイールが奢られています。見た目の存在感はかなりのもでしょう。今後の車の安全装備の基準となりそうなドアミラーに内蔵されたカメラとスポーツカーの象徴であるガルウィングのドアを持ちます。

エクステリアデザインだけでも非常にクールで高級感が漂っていますね。

圧倒的なパワーユニットを実現したマイバッハ6

マイバッハ6

マイバッハ6は全長5メートル後半の巨体にも関わらず、最高出力は750psを達成し、0-100km/h加速は4秒を切ると言われています。

リミッターが働くため最高速は250km/hに抑えられていますが、新欧州ドライビングサイクル・モードで航続距離500km以上と電気自動車としては考えられない走行距離を実現しています。

80kWhの容量を持つバッテリーはフロア下に配置され、急速充電機能でわずか5分の充電で約100km走行が可能だとしています。ここでもEVの「充電に時間がかかる」という概念を覆していますね。

内装にも見られるマイバッハのこだわり

マイバッハ6

インテリアはダッシュボードがサイドまで回り込んだ「360°ラウンジ」デザインを採用しています。

さらにレザーやウッドトリムなどの伝統的な素材を使用し、伝統と未来的なデザインを巧みに融合いています。コンセプトカーモデルの段階ですが、インパネ周りは非常にシンプルなデザイン。これは自律走行モードも備えているためと言います。透明なセンタートンネルは駆動系の電気の流れを視覚化しているとのこと。

マイバッハ6は発売するの?

マイバッハ6

様々な新技術が詰め込まれた未来カーとも思える魅力的な車でしたね。

販売するとなれば一体いくらになるのか気になるところです。実際のところはまだコンセプトカー止まりで、市販化の予定はありません。しかし、将来のメルセデスの技術の高さを証明するために開発されたコンセプトカーであれば。今後の自動車業界のペースメーカーとなるモデルとして期待したいですね。

メルセデス・ベンツの中古価格|なぜ"小金持ちの社長"は中古ベンツに乗るのか?
所有欲が掻き立てられる!人気レクサスモデル10選の新車・中古価格は!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事