限定500台のLFA。実際だれが持ってるのか?

レクサス LFAはどうやってつくられた?

レクサス LFA 工場

「究極の国産スーパーカーを作る」という目標を掲げて開発された車が、レクサス LFAです。開発当初はV8エンジン搭載も検討されたそうですが、トヨタのF1参戦をきっかけにV型10気筒エンジンを新規開発して搭載することになりました。

そして2005年1月、アメリカのデトロイトにて開催された北米国際オートショーにおいてLF-Aのプロトタイプが初公開。トヨタ自動車とヤマハ発動機で共同開発されたエンジンで、最高出力は500ps以上、最高速度は320Km/hに達することがアナウンスされました。

そして2009年10月、東京モーターショーにて市販車仕様がついにベールを脱ぎます。名称は、それまでのLF-Aから「LFA」へとリニューアル。世界56ヶ国で500台のみの限定販売となることもあわせて発表されました。

LFAのスペックは?

レクサス LFA 2012

華々しくデビューを飾ったレクサス LFA。その気になるスペックはどういうものだったのでしょうか。

カーボンモノコックを採用したシャーシやカーボンセラミックを用いたブレーキディスクなど、ハイテク素材が詰め込まれているのはもちろん、搭載された4.8L V10エンジンは最高出力412kW(560ps)/8,700rpm、最大トルク480kW(48.9kgm)/6,800rpmをそれぞれ発生。

ボディサイズは全長4,505mm×全幅1,895mm×全高1,220mmで、車両重量は1,480kgです。エンジンやミッションなどの重量物をホイールベース内側にセットし、前後重量配分を48:52に設定しています。

また、最高速は325km/h、0-100km/h加速は3,7秒と発表されました。

レクサス LFA 0~260km/h!脅威の加速力をご覧あれ

限定500台販売!持っている有名人は誰?

こんなすごい車、実際にだれが乗っているの?調べてみるとすごい面々…。

まずはヒルトンホテルのご令嬢、パリスヒルトン。お騒がせセレブとして有名な彼女の愛車のうち1台はこのレクサスLFAなんです!また車好きなら見逃せない、イギリスBBCの人気自動車番組「トップギア」の司会者、ジェレミー・クラークソンもこちらのLFAを愛用しているようです。

海外からも絶大な支持を得るLFA。値段は張りますがきっとその価値があるはずです。一度は乗ってみたいものですね!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事