限定500台のLFA。実際だれが持ってるのか?

レクサスLFAはどうやってつくられた?

「究極の国産スーパーカーを作る」という計画が持ち上がり「LFA」の計画がスタートしました。2002年から、トヨタのF1参戦をきっかけにF1のイメージを強く印象付けるV型10気筒エンジンを新規開発し搭載することになりました。

そしてその3年後、アメリカのデトロイトにて開催された北米国際オートショーにおいて初公開された「LF-A」!トヨタ自動車とヤマハ発動機で共同開発されたエンジンで最高速度は320Km/h、また最高出力は500PS以上に達することをアピール!

そして2009年10月21日に開催された東京モーターショーにて市販車仕様がついに世界初公開されました!正式名称がそれまでの「LF-A」から「LFA」へとリニューアル。世界56ヶ国で500台のみの限定販売となり、市販仕様車の生産が開始されました。

LFAのスペックは?

lfa ギャラリー

華々しくデビューを飾ったレクサスLFA。その気になるスペックはどういうものだったのでしょうか。カーボンモノコックを採用したシャーシやカーボンセラミックを用いたブレーキディスクなど、ハイテク素材が詰め込まれているのはもちろん、最高出力は560ps、さらにそれを8700回転で発揮します。

最高速は325km/hで、0-100km/h加速は3,7秒!全長は4505mm、全幅は1895mm、全高は1220mmとなっており、重量は1480kgです。

限定500台販売!持っている有名人は誰?

こんなすごい車、実際にだれが乗っているの?調べてみるとすごい面々…。

まずはヒルトンホテルのご令嬢、パリスヒルトン。「お騒がせセレブ」として有名な彼女の愛車のうち1台はこのレクサスLFAなんです!また車好きなら見逃せない、イギリスBBCの人気自動車番組「トップギア」の司会者、ジェレミー・クラークソンもこちらのLFAを愛用しているようです。

実際にパリスヒルトンが乗り回す動画を御覧ください。

いかがでしたか、海外からも絶大な支持を得るLFA。

値段は張りますがきっとその価値があるはずです。一度は乗ってみたいものですね・・・!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事