ランボルギーニの初代SUV「LM002」って知っていますか?

軍事用に設計された車体

ランボルギーニ LM002

1976年、ランボルギーニはアメリカの防衛企業であるモビリティ・テクノロジー・インターナショナル(MTI)から依頼を受け、軍用のオフロードカーを開発することになりました。

翌年のジュネーブ・モーターショーで発表された「チーター」は、クライスラー製の5.9L V型8気筒エンジンを横置きでリアミドシップに搭載したモデルでした。

しかし、米軍との契約成立にいたることはなく、ランボルギーニは計画を変更。今度は市販車としての成功を目指し、1981年にV12をリアに搭載したLM001を発表。翌年には操縦安定性を考慮し、エンジンをフロントに搭載した「LM002」が発表されました。

質実剛健のスーパーSUV

ランボルギーニ LM002

全長4,900mm×全幅2,000mm×全高1,850mmと大柄な車体は「敵を怖がらせることができるオフロードの巨人」を目指してつくられ、空力を一切無視した直線的なデザインが特徴です。

フロントに搭載されるカウンタックと同じ5.2L V型12気筒は、過酷な環境に耐えられる仕様に変更された、最高出力450ps/6,800rpm、最大トルク51.0kgm/4,500rpmを発生。乾燥重量2,700㎏という重たいボディながら、0-100km/h加速は7.8秒、最高速度は210㎞/hというモンスターマシンでした。

ちなみに、1992年に60台限定で販売された「LMアメリカン」は、最高出力492psのディアブロ用5.7L V12エンジンが搭載されています。

タイヤは砂漠を走破するために特注でつくられたピレリ スコーピオンを装着。銅管スペースフレームにアルミ製ドアを採用するなど、こだわりは徹底しています。

原油国の富裕層をターゲットに販売されたLM002の室内は、無骨な外見とは裏腹に、上質な本革とウッドパネルで飾られたインテリアに加え、オーディオやエアコンも標準装備されており、高級感が漂います。

このように悪路での機動性とラグジュアリー性を両立していたLM002は、高級SUVの先駆け的存在であると言えるでしょうね。

現在の価格はどれくらい?

ランボルギーニ LM002

1986年から1993年の販売期間に総生産台数わずか301台しか生産されていない「LM002」は、希少性が高く世界中のオークションで高額で取引されています。

車体の状態にもよりますが、初期型のモデルでも2,000万円~、後期のフルレストアされたものは5,000万円以上の値段がつくことがあり、ウルスの値段が2,574万円であることを考えるとプレミアカーであることは間違いありません。

また古いイタリア車ですから、維持費も高額になることが予想されます。購入、維持するにあたっては、それなりの覚悟が必要となるでしょう。

ランボルギーニ LM002 画像

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives