ヘッドランプレベライザーやスノーモードなど…クルマについているけどほとんど使っていないスイッチ

ヘッドランプレベライザー

ヘッドランプレベライザー

コンパクトカーやバンなどを除く最近のクルマには、ヘッドランプにオートレベリング機能がついているクルマが増えました。

レベリング機能とは、重い荷物を積んだりして車両の後部が下がり、ヘッドランプがいつもよりも上を向いてしまったときに、ヘッドランプの光軸を調整して、対向車への幻惑を防止する機能です。

オートは読んで字のごとく自動で調整するものですが、車種によっては、手動のレベリング機能が付いています。重い荷物を積んだときなど、対向車がやたらとパッシングをしてくるときには、レベリング機能で光軸を調整しましょう。

横滑り防止装置OFFスイッチ

VSC スノー 

「ESC」「VSC」「VDC」など、メーカーによって名称が異なりますが、基本は同じ横滑り防止装置で、トラクションコントロールやABSを統合制御することで機能しています。

横滑り防止装置は、車体の横滑りとタイヤの空転を防止し、クルマが操縦不能になることを防いでくれるありがたい機能ですが、オフロードのぬかるみや、冬の凍結路や雪溜まりで、トラクションコントロールが介入すると、脱出できなくなることがあります。

それはトラクションコントロールの制御が、滑りやすい路面でタイヤが空転しないように、エンジン出力を抑えるからで、強くタイヤを回すことができず、ぬかるみや雪道の発進時には足かせとなるのです。

そんなときには、トラクションコントロールやESCの制御をOFFにすることで、スタック状態からの脱出が可能になります。北海道や東北地方では、ディーラーの営業マンが必ず説明するスイッチなのですが、雪に馴染みのない地域の方も覚えておくと、いざというときに役立つでしょう。

余談ですが、サーキットなどスポーツ走行でタイヤを空転させたいときにも、トラクションコントロールやESCはタイヤの空転や横滑りを止めてしまうので、自分の意のままにコントロールしたい場合には、制御が入らないようOFFにすることがあります。

スノーモードスイッチ

SNOWと記されたスイッチが、スノーモードスイッチです。マニュアル車の場合、雪道での発進の際に2速発進を使いますが、ATでは、発進時のギアをドライバーが任意で選択することができません。

ATのマニュアルモードで2速を選択しても、1速から発進します。1速でタイヤに大きな力がかかると、すぐにスリップし、スタックの原因となります。そんなときにSNOWモードを使うと、ATでも2速発進になり、発進時のタイヤの空転を抑えることができます。ちなみに、CVT(無段変速機)でも、仮想の2速発進を行います。

雪道での発進時には、非常に大きな効果を発揮します。ウィンタースポーツを楽しむ方は、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

次ページかつては"パーキングランプ"なんてものもあった!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives