自動車メーカー創業者は、中間子が多いのか?調べてみた

トヨタ自動車創業者、豊田喜一郎の場合

豊田喜一郎

トヨタ自動車の創業者は、豊田紡織(現トヨタ紡織)、豊田紡織廠、豊田自動織機製作所(現豊田自動織機)を創業した豊田佐吉の長男、喜一郎です。

喜一郎は、佐吉の最初の妻たみとの間に生まれました。その後、家計を顧みず発明に没頭する佐吉に愛想を尽かした妻は、家出。結婚期間は3年で終わり、喜一郎に姉弟はありません。

しかし喜一郎には異母妹がおり、その旦那さんが豊田自動織機の経営を任せられる利三郎です。喜一郎が東京帝国大学を卒業し豊田紡織に入社した後、利三郎夫妻とサンフランシスコやロンドンへ海外視察に訪れるなど、良好な関係であったことを考慮すれば、仲の良い兄弟だったと思われます。

本田技研工業創業者、本田宗一郎の場合

本田宗一郎

本田技研工業の創業者は、かの有名な本田宗一郎です。高等小学校を卒業後、現在の東京都文京区湯島にあった自動車修理工場のアート商会に入社。6年間の勤務を経た1928年、暖簾分けを許され浜松市に支店を設立。1946年に本田技研研究所、1948年に本田技研工業を設立します。

そんな本田宗一郎は長男で、弟がいました。名前を弁二郎といい、後に系列会社の「本田金属技術」を設立します。一緒にレースに出場するなど、兄弟仲は良好だったようです。

日産自動車創業者、鮎川義介の場合

ダットサン 12型フェートン (1933年)

日産自動車の創業者は鮎川義介と言い、実業家を経て政治家になった人物です。彼の人生には歴史上の政治家が多数、登場します。

まず、母親が明治政府の重要閣僚を歴任した井上馨の姪です。井上馨は鮎川義介の大叔父に当たります。姻族には岸信介や佐藤栄作がおり、鮎川家と安倍晋三内閣総理大臣は遠い親戚に当たります。

鮎川義介は日産自動車だけでなく、現在の日立金属となる戸畑鋳物を設立したり、帝国石油の社長に就任するなど、実業家としての活躍も華々しいものです。さらに政治方面でも、戦前の東條英機内閣の内閣顧問、戦後は参議院議員に2度当選するなど活発なものでした。

そんな鮎川義介には、姉1人と妹2人がいました。つまり、中間子ということになりますね。

次ページマツダ、三菱、スバル、スズキの創業者は?

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives