2018年10月から!新燃費基準「WLTP」導入による影響とは?

現行の燃費試験法JC08モードについて

車検 ブレーキ

現在、日本における燃費・排出ガスの測定は、JC08モードで行われています。このJC08モードは、シャーシーダイナモメーター(C/D)試験装置を使って測定しています。

理由は、外気温度、交通量、路面状況など、毎回条件が変化する実走行では正確に測定できなからです。そこでローラーの上で、実走行と同じように種々の抵抗を加えながらクルマを走行させ、燃費・排出ガスを測定します。

このときの走行パターンは、日本の一般的な走行実態を模したものとなっており、この試験法で算出された燃費を「JC08モード」燃費と呼びます。

例えるなら、人がランニングマシーンの上を、ゆっくり歩き始め、途中、さまざまに速度を変えてジョギングやダッシュを繰り返しながら、最終的に止まる。そのときの、消費カロリーや脈拍数などを測定する、といったイメージです。

新燃費基準「WLTP」導入による影響

これまで使ってきたJC08モードから、新しい燃費・排出ガス測定方法に変える最大の理由は、「試験法や基準値の世界標準化」です。

現在は、燃費・排出ガスの測定法や基準値は、国や地域によって異なっています。したがって、異なる国や地域で測定された燃費の数値をダイレクトに比較して良否を評価することができません。

自動車メーカーは、異なる国や地域でクルマを発売する場合、それぞれ固有の試験法で燃費を測定する必要があります。これに対応するには、多くの労力と時間を要すため、開発コストの上昇につながります。結果として、クルマの価格上昇につながり、ユーザーにとっては不利益となります。

世界標準の試験法と基準があれば、多くの国や地域の燃費・排ガスの測定が、一度の試験で済みます。これにより、適合試験を大幅に削減することができ、仕様変更が不要となり、部品の共通化が進みます。このように、世界標準の試験法と基準を制定することには、大きなメリットがあるのです。

次ページWLTPとはどんな試験方法か?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives