なぜF1のタイヤ交換は2秒以内でできるのか?

F1のピットストップはシビア

レッドブル F1 タイヤ交換

F1のレギュレーションが毎年のように変更されるなか、レース展開は昔よりもシビアになってきています。

マシンがイコールコンディションになるよう決められたレギュレーションの下では、ドライバーがコース上で奮闘して、ライバルに0.1秒の差をつけるのは容易ではありません。そのため、ドライバーの技術やマシンの性能にくわえて、ピットストップは非常に重要なレースの要素となってくるのです。

まして1秒の遅れともなれば、ドライバーがコース上で取り戻すのは、まさに至難の業。タイヤ交換のためのピットストップをいかに短くするかが、良いレース結果へとつながってきます。

現在、たった2秒でタイヤ交換がされていますが、なぜ4本あるタイヤをそんなに速く交換できるのでしょうか?

次ページF1のタイヤ交換が早い理由とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives