オンナにとってクルマとは Vol.46 マンナカニスタの女

オンナにとってクルマとは

Vol.46 マンナカニスタの女

というのも、運転席は私、助手席はモデルさん、残るカメラマンさんとスタイリストさんにリアシート左右席というように、Aちゃんはメンバー全員に気を遣い、いちばん狭く座りにくいであろう真ん中の席に、当然のように自分が収まるようになったのだった。撮影は毎回違うクルマだから、4年もの間、Aちゃんは様々なクルマの真ん中の席に座り続けていることになる。

仕事でもプライベートでも、女性はAちゃんのように周囲に気を遣い、すすんで真ん中に座ることが多いのではないだろうか。私も先輩たちとタクシーに乗る時に、よくそうしている。

シートベルトは締めにくいし、足の置き場には困るし、カーブで揺れてもつかまるところはないしで、タクシーにはろくな真ん中の席がない。お客を乗せるためのクルマなのだから、もうちょっと快適性を考えてくれても良さそうなものだと思う。

「マンナカニスタ」Aちゃんはクルマに詳しいわけでなく、あまり運転もしない、ごく普通の20代女性だ。それでも、すっかり評論家になれるくらい、真ん中席の違いがわかるオンナに成長した。

座面の座りやすさ、背もたれのフィット感、スペースのゆとり、シートベルトの締めやすさ、足の置き場の広さや安定感はもちろん、走行中の揺れや振動、身体がズレるかどうかなど、クルマによってぜんぜん違うのだと言う。

撮影の企画上、扱うクルマはコンパクトカーが多く、価格は高くても280万円くらいが限度というラインアップではあるが、Aちゃんがこれまでに絶賛した真ん中席は、わずか3台だった。

マツダ・CX-5、ホンダ・フィット(新型)、フィアット・パンダで、とくにCX-5は「パーフェクトに近い」とベタ褒め。さっそく私も試してみたら、平面に見えるのにお尻の収まりが良く、クルマの挙動による身体のグラつきが少ないから疲れない。さすがは、マンナカニスタのお墨付き。

それにしても、他人を思いやって真ん中に座る女性の気持ちを、わかってくれるクルマはまだまだ少ない。ようやくヘッドレストやシートベルトが義務化された真ん中の席。今度はその快適性にも注目して、クルマづくりをして欲しい。

----------------------------------------
まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives