クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

HKSが提案する高性能オイルとは?普通のオイルとの違いとは?

100%シンスティックオイルをリーズナブルな価格帯とした「スーパーオイルプレミアムシリーズ」

無題

エンジンを知り尽くしたHKSが創り出したプレミアムオイルの中でも、最新の処方、粘度設定を施し、100%シンスティックオイルとして新たに登場したのが「スーパーオイルプレミアムシリーズ」です。

無題

新たに7.5W##を採用し、従来の高温域での高い油膜保持性能を有しながら、幅広い使用用途に対応し、4種類の粘度設定により、ターボ車、NA車、エコカー等あらゆるジャンルの車両に対応します。また、API/SN規格品となる4種類も存在するほか、近年人気を集めているクリーンディーゼル車にも対応したディーゼル車用も3種類と、愛車に合わせて選ぶ事ができるのも嬉しいポイントです。

エンジンごとに粘度セッティングを行なった高性能オイル「エンジン別シリーズ」

無題

オイルをチューニングパーツとしてとらえ、エンジン本来の性能を最大に引き出すというアプローチをさらに進化させ、独自新開発のハイパーエステルの金属吸着分子をブレンド。
ノーマルはもとよりチューニングエンジンの過酷な境界潤滑を分子レベルで確実にフォローする、エンジン別に最適なチューニングがされたエンジンオイルがこちら。
トヨタのJZエンジン用、日産のRBエンジン用、ランエボの4B11/4G63用、スバルのEJ用、ロータリーの13B-T用、そして高性能NAエンジンや、新世代ダウンサイジングターボエンジンなどに最適な「HR」の 7タイプが用意されます。

HKSのエンジンオイルをもっと手軽に体感できる「スーパーオイル 5w30」

無題

高性能なオイルがいいとは分かっていても、高額なオイルはちょっと……というユーザーのためにHKSが新たにリリースしたのが、「スーパーオイル 5w30」です。
ベースオイルにはセミシンスティックオイルを使用し、より経済性と性能のバランスを追求した新タイプ。もちろん、粘度特性の厳しい高回転、高温域での性能発揮と高い油膜保持を実現し、ストリートからスポーツ走行まで高耐久性と、高性能な走りをカバーしていますから、入門編チューニングオイルとしては最適と言えるでしょう。

日常的にプレミアムオイルを使用するのは……という方は街乗りにはこちらを使用し、サーキットなどに行くときはプレミアムオイル、という風に使い分けをするのもいいかもしれませんね。

無題

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事