内装の変更点は何!?Nワン特別仕様車SSブラウンと標準モデルの違い

ホンダのプレミアム軽自動車Nワン(N-ONE)から特別仕様車
SSブラウンスタイルパッケージが発売されました。

今回新発売されたNワン(N-ONE)の特別仕様車はフロントグリルのパネル
にブラウンが施されるなどさらにオシャレな雰囲気に・・・。

そんな特別仕様車SSブラウンスタイルパッケージですが、
内装・インテリアのデザインもベースとなっている標準モデルの
GグレードLパッケージと違いがありました。

このNワン(N-ONE)の特別仕様車SSブラウンスタイルパッケージと
ベースとなっているモデルの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

※2016年1月11日の記事です。

Chapter
NワンSSブラウンパッケージの内装の変更点
変更点1:インパネパネルのカラー
変更点2:シートのデザイン
変更点3:シートヒーターが標準装備

NワンSSブラウンパッケージの内装の変更点

変更点1:インパネパネルのカラー

今回新しく発売されたNワン(N-ONE)の特別仕様車SSブラウンスタイル
パッケージの内装・インテリアで一番の注目のポイントは、インパネのデザイン。

今回発売されたNワン(N-ONE)のインパネには、柔らかいホワイトウッド調の
パネルを助手席側に採用。

実際に見てみると、とてもオシャレ!
ウッド調のデザインになっているためナチュラルな感じがよいですよね^^

こちらはちょっと前のモデルのNワン(N-ONE)の標準モデルの
デザインなのですが、内装・インテリアはこのようにちょっとシンプル。

このシンプルなNワン(N-ONE)の標準モデルの内装・インテリアは欠点だと
思っていたのですが、この特別仕様車SSブラウンスタイルパッケージのデザインは秀逸。

ベースとなっている標準モデルと比べてかなり良いデザインになっていました。
また、室内が明るく広く見えるのも好印象でした。

また、Nワン(N-ONE)の柔らかいホワイトウッド調のパネルは、
ドアの内側パネルにも採用。

こちらがフロントドアの内側パネル。

そして、こちらが後部座席のパネル。

このホワイトウッド調がワンポイントになっていてとても良いと思いました。

変更点2:シートのデザイン

また今回新発売されたNワン(N-ONE)の特別仕様車
SSブラウンスタイルパッケージは、シートデザインも異なります。

今回この特別仕様車のために開発されたフロントシートは、
このようになっています。

そして、こちらが後部座席のシートのデザイン。

このNワン(N-ONE)のSSブラウンスタイルパッケージのシートカラーは、
パネルの雰囲気に合わせたブラウンカラーのシートを採用。

アクセントカラーとしてブルーがところどころに施されているのが、
好印象でした。

個人的には室内が柔らかい雰囲気になっており、このシートデザインも
とても良いと思いました。

変更点3:シートヒーターが標準装備

インパネのデザインやシートカラーの変更など見た目の部分ばかりが
注目を集めがちなNワン(N-ONE)の特別仕様車SSブラウンスタイル
パッケージの内装・インテリアですが、機能面でも充実。

今回発売されたSSブラウンスタイルパッケージでは、運転席と助手席の
シートヒーターが標準装備。

この特別仕様車に搭載されるシートヒーターは座面のみ。
それでも真冬とかは助かりますよね^^

普通乗用車でもシートヒーターが標準装備されていないクルマが
多い中ので、コレはかなり魅力的に感じました。

ちなみに、シートヒーターのスイッチはインパネの中央の下の部分に
用意されていました。

シートヒータースイッチが操作しやすいのも個人的には良いと思いました。

2015年12月に新しく発売されたNワン(N-ONE)の特別仕様車
SSブラウンスタイルパッケージは、内装・インテリアのデザインも
大幅に変更されていました。

特にベースとなっているGグレードLパッケージよりも内装・インテリアが
オシャレになっているのが、とても良かったです。

シートヒーターなど機能面も充実しておりお得感のあるグレードに
なっているので、購入を検討する価値はあるのかなとと思いました。

SSブラウンスタイルパッケージは外装も良い意味でNワン(N-ONE)らしさが
無くて良いデザインですよね。
横から見ると、コレって何のクルマって思われそうです^^

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ