【他のNシリーズと比較】Nワンの方が見劣りする部分・不満とは?

NワンSSアーバンブラックパッケージ画像00005

取り回しのしやすさとキュートなルックスで老若男女問わず人気が高い
ホンダの軽自動車Nワン(N-ONE)。

ホンダから発売されているNシリーズの中で一番ボディサイズが小さい
デザインになっていますが、車内に乗り込んで見ると意外に広い!
思ったよりも天井も高くて、居住性に優れているように感じました。

また、今回はNワン(N-ONE)のノンターボ車で街中を試乗させてもらったのですが、
思ったよりも加速力・パワーもあり、快適に運転をする事ができました。

このように実際の乗り心地などはとっても良いNワン(N-ONE)ですが、
Nワゴン(N-WGN)やNボックス(N-BOX)など他のNシリーズと比較すると
見劣りする部分・不満に感じる部分も…。

そんなNワン(N-ONE)の欠点・不満を紹介したいと思います。

※2016年8月6日の記事です。

見劣りポイント3:後部座席ドアの音

また、Nワン(N-ONE)がN-WGN(Nワゴン)など他のNシリーズよりも劣っていると
感じたのは、後部座席のドア(リアドア)の質感。

このNワン(N-ONE)のリアドアを触るとスグにわかるのですが、
安全面はこれで大丈夫!?と感じてしまうほど、薄い…

また、リアドア(後部座席のドア)は軽いので、閉めた時の音も「パフッ」って
感じの安い音で物足りない…。またバックドアも同じような感じ…。

一方、Nワゴンの後部座席ドアは、Nワン(N-ONE)と全く異なります。

Nワゴン後部座席のドアに明らかに厚みがあり、ガッチリしている感じ。
また、ドアを閉めた時の音も”バフッ”と言った感じで、重厚感がある感じの音。

閉めた瞬間、ロードノイズや騒音が車内に侵入してくるのをしっかりと
シャットアウトしてくれるような頼もしい感じがしました。

Nワゴンの重厚感のある後部座席のドアと比べると、N-ONEの薄っぺらいドアは、
かなりガッカリ…。個人的にはNワンのドアもN-WGNと同様のしっかりとしたものに
して貰いたかったです。

このNワン(N-ONE)のドアの上部さ開閉時の音が気になる方は、
ぜひともディーラーさんで確認をしていてくださいね。同じNシリーズの
N-WGN(Nワゴン)と比較すると、違いにスグに気が付くと思いますよ。

今回プレミアムスモールとして新発売されたNワン(N-ONE)とN-WGN(Nワゴン)や
N-BOX(Nボックス)など他のNシリーズのクルマと比較すると、このような点で
見劣りを感じてしまいました。

個人的にちょっと残念だったのは、やはりドアの音。

軽自動車だから仕方ないと言えば仕方ないのかなと思いますが、
個人的には”プレミアムスモール”と謳うならこのようなドアを閉めた時の音や
重厚感にもこだわってもらいたかったです。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ