パッソとイグニス内装比較。インパネはどっちがオシャレ?

新型パッソ画像0201

3代目となる新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
新発売されましたね。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)の競合車・ライバル車の一つと
言われているのが、スズキから発売されている小型SUV新型イグニス。

そんな2つのクルマ内装・インパネのデザインを比較してみたところ、
両車ともかなり特徴的!

この2台のクルマのインパネはどっちの方がオシャレなのか?
今回新発売された新型パッソ(PASSO)とイグニスの内装・インパネの
デザインや使い勝手を徹底的に比較してみようと思います。

※2016年5月12日の記事です。

Chapter
パッソとイグニスのインパネ比較
新型イグニスのインパネはハデ!
メーターまわりのインパネの違いにも注目

パッソとイグニスのインパネ比較

今回フルモデルチェンジをして新しく発売された新型パッソ(PASSO)の
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

こちらはカジュアルなデザインの標準車の内装・インパネ。

そして、こちらが上級モデルのモーダ(MODA)のインパネ

今回新発売された新型パッソ(PASSO)のインパネは、シフトレバーが
インパネに装備されているインパネシフトを採用。

そのため運転席から助手席側にウォークスルーができるデザインになっています。
また、インパネ全体がスッキリとしたデザインになっているのも
特徴の一つかなと思いました。

また、プッシュ式のドリンクホルダーを採用している事も
新型パッソ(PASSO)のインパネがスッキリと見える理由の一つかなと思いました。

送風口の部分やカーナビ部分にアクセントカラーを使用している
新型パッソ(PASSO)の内装・インパネはインパクトがあるのですが、
細かいところを確認すると質感が低いと感じる部分も・・・。

例えば、シフトレバーやエアコンのコントローラーが装備されている
センタークラスター部分は、シンプルなプラスチック素材のまま。

センタークラスター部分のまわりをシルバーやメッキ調の加飾するなど
もう少し細かい部分にもこだわりを持って貰いたかったと感じました。

新型イグニスのインパネはハデ!

一方、スズキから発売されている小型SUV新型イグニス(IGNIS)の
内装・インパネはこのようなデザインになっています。

この新型イグニスはボディカラーによって2種類の内装色を
用意しており、こちらは落ち着いた雰囲気のチタンゴールドカラー。

そして、こちらはちょっとハデなオレンジ色の内装色。

新型パッソ(PASSO)と比べると、新型イグニス(IGNIS)の方がハデな印象を持ちますね。
またシフトレバーやドリンクホルダーが装備されているセンターコンソールの
サイドの部分には、このようにエアアウトレット風のデザインが・・・。

また、新型イグニスに装備されているエアコンのコントローラーは、
筒状のちょっとオシャレなデザインを採用。

このエアコンコントローラーはインパクトがありますよね。
ここらへんの細部へのこだわりは、新型イグニス(IGNIS)の方が良いのかなと思いました。

また、このスズキの小型SUV新型イグニス(IGNIS)と新型パッソ(PASSO)の
内装・インパネの違いの一つが、シフトレバーの位置。

このスズキの新型イグニス(IGNIS)のシフトレバーは、助手席と運転席の
間にあるフロア式を採用。

そのため新型パッソ(PASSO)と異なり、運転席から助手席への
ウォークスルーはできません。このフロントシートのウォークスルー性も
この2台のクルマも違いなのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
メーターまわりのインパネの違いにも注目

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ