小回りは効くか試乗で確認?【ダイハツ タントの最小回転半径】

タント画像0005

相変わらず軽自動車の中で1・2を争う人気になっているのが、ダイハツ
から発売されているスーパーハイト系ワゴンの“タント(TANTO)”。

助手席側のミラクルオープンドアなど小さいお子さんや赤ちゃんがいる
ご家庭には助かる機能が満載のタント(TANTO)ですが、実際に運転をすると
なると気になるのは、小回りが効いて運転がしやすいかどうかと言うことですよね。

そこでダイハツから発売中の人気スーパーハイト系ワゴンの
タント(TANTO)の最小回転半径を確認してみました。また、
小回り性能に関して試乗をした感想について紹介したいと思います。

※2016年8月30日の記事です。

Chapter
ダイハツ タントの最小回転半径はどのくらい?
ダイハツ タントの試乗の感想:小回り性能はどうだった?
ちょっと気になったのは、後方視界

ダイハツ タントの最小回転半径はどのくらい?

現在発売されているモデルのタント(TANTO)の最小回転半径は、
次のようになっていました。

■ダイハツ タントの最小回転半径
・標準モデル
全グレード共通:4.4m
・カスタム
RS系グレード:4.7m
X系グレード :4.4m

実はこの小回り性能を表すタント(TANTO)の最小回転半径は、かなりスゴイ数値!

ダイハツから発売されているボディサイズが小さいクルマの
ミライースやハイト系ワゴンの最小回転半径も4.4m。

このように小さいボディサイズのクルマにひけをとらない最小回転
半径を誇っているタント(TANTO)の小回り性能は、とても良いように感じました。

ダイハツ タントの試乗の感想:小回り性能はどうだった?

このように最小回転半径はとても良いタント(TANTO)ですが、
実際に運転してみると、予想以上に小回りが効きます。

このクルマは背の高いクルマなので一見すると小回り性能が良いとは
感じませんが、思った以上に細い道もラクラク。今回試乗をさせてもらった
なんとかクルマ一台分が通れる細い路地もラクラク通り抜けることができました。

また、実際にこのタント(TANTO)の運転席に座って気がついたのですが、
運転席の位置も高いため、ミライースやムーブ/ムーヴなど背の低い
視界も良く運転がしやすいのも好印象でした。

<次のページに続く>
次ページ
ちょっと気になったのは、後方視界

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ