着せ替えは意外と制約が多い?|コペンのドレス フォーメーション

新型コペンセロ画像0014

ダイハツの軽スポーツカー新型コペン(COPEN)の第3弾モデル
セロ(CERO)が発売されましたね。

初代モデルを連想させるような新型コペン セロ(COPEN CERO)の
丸っこいフロントのヘッドライトがカワイイですよね。
実はコペンの第1弾モデルよりも人気が高いようです。

そして、新型コペン セロ(COPEN CERO)が発売された事で
以前から噂されていた”ドレス フォーメーション(Dress-Formation)”も
開始されるようです。

この”ドレス フォーメーション(Dress-Formation)”とは、
新型コペンの外装パーツを取り外し、着せ替えられる機能の事

新型コペン(コペン)では、ドアのパーツを除いて、
ほぼすべてのパーツを取り外して付け替える事が可能なので、
まったく違った見た目にする事も可能のようです。

つまり・・・
気分などによって、クルマの見た目を変えることが可能です。
ちょっと楽しそうですよね^^

ただ、このボディ外板の着せ替えは色々と制約があるみたいです。
そんな”ドレス フォーメーション(Dress-Formation)”についても
先日色々と聞いてきました。

※2020年10月8日の記事です。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ

価格はいくら?

ダイハツでは、
・全部の外装パーツを変更
・フロントマスクなど一部の外装パーツを変更
する場合の大きく分けて2種類を用意するようです。

新型コペンのすべての外装パーツ(DRESSパーツ)を
変更する場合の価格は、約35万円。

そして、外装パーツ(DRESSパーツ)を変更する場合は、
パーツの種類などによって10万円~20万円程度を予定している
みたいです。

もし資金に余裕があるのなら、新型コペン セロ(COPEN CERO)の
すべての外装パーツを購入して、気分に応じてフロントマスクだけ
変更するなどもオモシロイかもしれませんね。

ただ、新型コペン セロ(COPEN CERO)の”ドレス フォーメーション”では、
様々な注意点もあります。

ドレス フォーメーションの注意点

<次のページに続く>
次ページ
エクスプレイ(XPLAY)は、対象外?
商品詳細