ダイハツ キャストの内装レビュー1|アクティバのインパネはシンプル!?

キャストアクティバ画像0016

2015年9月9日に発売されたダイハツの新型キャスト(CAST)。

発売前から注目を集めていたキャスト(CAST)が、
遂に先日、発売されました。

私も発売日にこのクルマを見てきたのですが、思ったよりも良い感じ!

思ったよりも丸っこいデザインで、タフロードやオフロードよりも
街中を運転するのにピッタリのSUVタイプの軽自動車なのかなと思いました。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インテリアの写真・画像を
撮りながら、スミズミまで確認してきたので、紹介したいと思います。

※2015年9月11日の記事です。

運転席側のインパネ

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の運転席側のインパネは、
このようになっています。

そんな運転席側のインパネの装備や機能をジックリと見て行きます。

ハンドル

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のハンドルは、
このようなデザインになっています。

私が実際に見た上位グレードの”GSAⅡ”のハンドルは、
革巻きのステアリングホイール。

ちょっと細めのハンドルになっていましたが、
見た目も握り心地もそれ程悪くありませんでした。

また、のハンドルの右側には、”PWR”と描かれたスイッチが・・・。

この”PWR”は、POWER(パワー)の略。
坂道運転や高速道路の合流など一時的にパワー・出力を上げたい時に
使うと機能です。

実はこのPWRスイッチは、キャスト(CAST)のベースとなっている
新型ムーブ(MOVE)にも登載されており、私は実際に使った事がありますが、
とても便利な機能!

私は坂道運転でこのPWRスイッチ(パワースイッチ)を使ってみたのですが、
まるでターボ車のように、明らかに力強い加速をしてくれました。

これがキャスト(CAST)にも装備されるのは、かなり嬉しいです。
キャスト(CAST)にもPWRスイッチ(パワースイッチ)が装備されているので、
時々高速道路を運転する程度なら、ターボ車でなくても良いのかなと思いました。

また、ハンドルの左側には、オーディオのボリュームなどを装備する
ステアリングスイッチを装備。

このステアリングスイッチは標準装備ではなく、オプションの
“純正ナビ装着用アップグレードパック”をお願いした時に付いてくる
機能・装備の一つになっています。

ディーラーさんに話を聞くと、純正ナビ装着用アップグレードパックも
人気の高いオプションになっているようですよ。

<次のページに続く>
次ページ
運転席側のスイッチ類

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ