ダイハツキャスト アクティバとスタイル比較1|エクステリアを見比べ

キャストアクティバ画像0022

ダイハツから新型モデル”キャスト(CAST)“が発売されましたね。

今回キャスト(CAST)は、珍しく3つの異なるデザインを用意。
その中で、今回発売されたのは、SUVテイストのアクティバ(ACTIVA)と
そして、都会的なオシャレなデザインのスタイル(STYLE)

そして、スポーツ(SPORT)に関しては、現在のところ2015年10月末に
発売予定となっています。

先日、もうすでに発売されたキャスト(CAST)の2つのモデル
アクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)を見てきました。

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)は、
基本的なデザインは一緒ですが、やはり見た目や雰囲気は異なる・・・。

また、ホイールのデザインやグリルのデザインも異なります。

そんなキャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)の
見た目・エクステリアを比較していました。

※2015年9月12日の記事です。

横から見比べ

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とキャスト(CAST)を横から見比べると、
このような感じ。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

■キャスト スタイル(CAST STYLE)    

サイドからのデザインも雰囲気が全く異なりますね。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、ブラック調の
フェンダーアーチモールやサイドマッドガードを採用。

このような大き目のフェンダーアーチモールやサイドマッドガードを
装備すると、SUVらしさが一気にアップしますね。

また、インパクトのある樹脂製のドアモールを採用。
このドアモールがかなりインパクトがありました。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)はサイドからのデザインも
上級感があり、オシャレ!

メッキ調のサイドガーニッシュや、サイドウィンドウの下端の部分の
メッキ調ガーニッシュがキレイで、スタイリッシュで上品な感じが良かったです。

これなら女性に人気が出そうですよね。

ドアハンドルのデザインが違う!?

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のドアハンドルも異なります。
それぞれのモデルのドアハンドルのデザインは、
このようになっています。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

■キャスト スタイル(CAST STYLE)

SUVテイストのキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、
ダイハツ特製の樹脂素材のドアハンドル。

ドアハンドルの質感もボディにマッチしていて、特に違和感はありませんでした。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)のドアハンドルのデザインは、
サイドガーニッシュと同じキラキラ感のあるメッキ調のデザインを採用。

SUV風のキャスト アクティバのドアハンドルのデザインも、
サイドマットガードやドアモールなどにマッチしていて良かったですが
やはり高級感があるのは、メッキ調になっているキャスト スタイル。

このドアハンドルのカラーや質感の好き嫌いは、全くの個人の好みですが、
実際に見てみると、高級感のあるキャスト アクティバの方が好みでした。

<次のページに続く>
次ページ
ホイールのデザインも異なる!?

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ