欠点は操作性とフロアの位置!?|ダイハツキャストの荷室インプレ2

キャストスタイル画像0001

セダン型やSUVタイプなど様々なバリエーションがある
ダイハツ キャスト(CAST)が2015年9月9日に新発売されましたね。

今回発売されたアクティバ(ACTIVA)・スタイル(STYLE)ともに
ちょっとパクリっぽいデザインのような気もしますが、
実際に見ると思ったよりも良い!!

また、ダイハツ キャスト(CAST)の見た目や内装だけでは無く、
荷室の広さやアレンジの豊富さもなかなか良いように感じました。

ただ、実際にスタイル(STYLE)やアクティバ(ACTIVA)の荷室・
ラゲッジスペースを見て、ちょっと残念に感じた欠点もありました。

私が感じたこのクルマの欠点を紹介したいと思います。

※2020年10月8日の記事です。

Chapter
欠点1.競合車と比べて荷室開口高が高い
スタイルと競合車の荷室開口高を比較
欠点2.荷室側からスライド操作ができない

欠点1.競合車と比べて荷室開口高が高い

ダイハツ キャスト(CAST)の荷室。ラゲッジスペースを見て、
最初に思ったのは、荷室開口高(荷室の床から)が思ったよりも高いこと。

アクティバ(ACTIVA)の開口部の様子はこのようになっています。

一方、スタイル(STYLE)の開口部の様子は、このようになっています。

スタイル(STYLE)はSUVスタイルなので荷室開口高が高いのは仕方ないのですが、
特に私が気になったのは、スタイル(STYLE)の方。

ダイハツ キャスト(CAST) スタイル(STYLE)の競合車の一つ、
ホンダのN-ONE(Nワン)に比べて、荷室・ラゲッジスペースのフロアの位置が
高いように感じました。

スタイルと競合車の荷室開口高を比較

今回新発売されたダイハツ キャスト(CAST)と競合車の荷室開口高を
比べてみました。

■スタイルと競合車の荷室開口高
キャスト スタイル:660mm
N-ONE(Nワン)    :570mm
新型ラパン  :740mm
新型アルト  :700mm

ダイハツ キャスト(CAST)のスタイル(STYLE)の荷室・ラゲッジスペースの
荷室開口高は、スズキから発売されている新型ラパンや新型アルトよりも
低くなっているんですね。

この点は、嬉しい誤算でした。

ただ、やはりスタイル(STYLE)の一番の競合車のホンダのN-ONE(Nワン)と
比べると、圧倒的に悪くなっていますね。

ちなみに、こちらがN-ONEの開口部の画像です。

私もダイハツ キャスト スタイル(STYLE)の荷室・ラゲッジスペースを見た時、
ホンダのN-ONE(Nワン)よりも明らかに荷室開口高が高いと感じました。

やはり地面から荷室・ラゲッジスペースのフロアの高さは、
荷物の積み下ろしのしやすさを考えると低いほうが良いですよね。

特に重たいモノを積む時は、低いほうが助かります。

スタイル(STYLE)と競合車のホンダN-ONE(Nワン)を比べて見て、
この荷室・ラゲッジスペースのフロアの高さは少し気になりました。

<次のページに続く>
次ページ
欠点2.荷室側からスライド操作ができない

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ