キャスト アクティバのスプラッシュブルーメタリックの画像レビュー

キャストアクティバ画像0022

ダイハツから新型キャスト(CAST)が発売されましたね。

今回新型キャスト(CAST)では3つの異なる外観・エクステリアを
用意しているのですが、この中で特に人気が出そうなのが
SUV風デザインのアクティバ(CAST ACTIVA)。

また、ディーラーさんに話を聞いたところによると
現在アクティバ(CAST ACTIVA)で人気のカラーになっているのは、次の2色。

・スプラッシュブルーメタリック×ホワイト
・トニコオレンジメタリック×ホワイト

やはりこの2色に関しては、スタンダードオーダーで内装色を
変更できるのも大きいみたいですね。

先日、この人気カラーのスプラッシュブルーメタリック×ホワイトを
見ることが出来たのですが、カタログでみるよりも100倍良い感じ!

鮮やかなライトブルーがキレイで良いカラーだと思いました。

そんなアクティバ(CAST ACTIVA)の人気2トーンカラー
スプラッシュブルーメタリック×ホワイトの写真を撮ってきたので、
紹介したいと思います。

※2015年10月1日の記事です。

Chapter
アクティバのスプラッシュブルー 画像レビュー
キャスト アクティバの外観インプレッション
キャスト アクティバの内装インプレッション

アクティバのスプラッシュブルー 画像レビュー

キャスト アクティバの外観インプレッション

アクティバ(CAST ACTIVA)のスプラッシュブルーメタリック×ホワイトの
2トーンカラーの正面からの画像はこのようになっています。

丸っこいボディデザインと鮮やかなブルーがマッチしていて良いですよね。

ブルーが鮮やかなかので、気分が晴れやかになる感じの
カラーだと思いました。

カタログなどの画像を見た限りでは、もう少し水色っぽい感じなのかな~っと
思っていたのですが、水色というよりは明るいブルーでした。

また、トニコオレンジメタリックを見たと時も感じたのですが、
このスプラッシュブルーメタリックも思ったよりもメタリック感が強いと
思いました。

ちなみに、今回私が見たアクティバでは、ディーラーオプションの
メッキ調のヘッドライトガーニッシュやフォグランプガーニッシュが
装備されていました。

装備されていないノーマルのモデルと比べて、
やはり目のまわりなどの迫力が違うように感じました。

アクティバ(CAST ACTIVA)を横から見るとこのような感じ。

グレーっぽいフェンダーアーチモールやサイドドアモールとの
コントラストがキレイでブルーが映えますね。

また、ホワイトカラーになっているサイドミラーが
ワンポイントになっているのも好印象でした。

また、アクティバ(CAST ACTIVA)を後ろから見るとこのような
デザインになっていました。

やはり後ろからのデザインもポップですね。
以前見たトニコオレンジメタリックの2トーンカラーよりも
ポップな印象を持ちました。

個人的にはアクティバ(CAST ACTIVA)のリアコンビネーションライトの
クリアレンズとの相性がとても良く、似合っているように感じました。

また、リアゲートを開けるとこのような感じ。
荷室・ラゲッジスペースの開口部も広く使い勝手が良い印象を持ちました。

ちなみに、今回私が見たアクティバ(CAST ACTIVA)では、
メッキ調のリアロアランプのガーニッシュも装備。

このガーニッシュのおかげでさらにSUVらしさがアップしたように感じました。

<次のページに続く>
次ページ
キャスト アクティバの内装インプレッション

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ