ラパン(LAPIN)の欠点①|荷室の開け閉めが大変!?

新型ラパン画像0002-01

女性に人気の軽自動車の新型ラパン(LAPIN)が
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

先代モデルは少しカクカクしたデザインでしたが、
フルモデルチェンジをした新型ラパン(LAPIN)は、先代モデルよりも
丸っこいデザインになっていました。

開口部も広く、また、後部座席を倒した時には、
収納力も十分そうですよね。

一見使いやすそうな新型ラパン(LAPIN)の荷室・ラゲッジスペースですが、
欠点・不満に思う点もありました。

※2020年10月8日の記事です。

ハンドルグリップが無い欠点・デメリット

欠点① 位置が高くなる

荷室にハンドルグリップが装備されないデメリットは、
手を置く位置が高くなる事。

通常、荷室・ラゲッジスペースの下端の部分にグリップが
装備されると手を置く位置が5cm~10cm低くなります。

たったこれだけの違いで、腕の位置が低くなり、
荷室・ラゲッジスペースの扉の開け閉めが、かなりラクになります。

また、ハンドルグリップが装備されていると、
指にチカラが入るので、ラクに扉の開け閉めする事が可能です。

<次のページに続く>
次ページ
欠点② 手が汚れる

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ