ラパンの内装①|キュートなインパネの唯一の欠点は・・・。

スズキのキュートな軽自動車新型ラパン(LAPIN)が
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

エクステリア・外装のデザインも先代モデルよりも
柔らかいデザインになってオシャレと思ったのですが、
内装・インテリアのデザインもとてもカワイイです。

インテリアも女性のお部屋の空間や小物をモチーフにした
デザインになっているようで、とてもオシャレでした。

ただ、実際に新型ラパン(LAPIN)を試乗してみると、
このインパネで残念に思えたこともありました。

※2020年10月8日の記事です。

Chapter
新型ラパンの内装・インパネのデザイン
インパネ全体
メーター
ナビ
助手席前の木目調カウンター
新型ラパンのインパネの欠点・・・

新型ラパンの内装・インパネのデザイン

インパネ全体

新型ラパン(LAPIN)のインパネのデザインはこのようになっています。

ベージュ調のデザインが明るくて良いですよね。

先代モデルと比べると、
立体的なデザインになって大幅に見違えました。

ちなみに、先代モデルのデザインはこのようになっていました。

先代モデルもカワイイデザインになっていましたが、
フルモデルチェンジ後の新型モデルの方が木目調のパネルを採用するなど
質感がアップしているように感じまいた。

メーター

新型ラパン(LAPIN)のメーターは、このようになっています。

先代モデルと同様にスピードメーターのみの一眼式のメーターを採用。
しかし、スピード目ターの下部にはマルチインフォメーション
ディスプレイが装備されています。

このマルチインフォメーションディスプレイがとってもキュート。
アイドリングストップをした時など、ウサギのアニメーションが登場します。

私もすべてのシーンを確認したわけでは無いのですが、
様々なシーンで登場するようです。

どんなシーンでウサギが登場するのか確認するのも
新型ラパン(LAPIN)の楽しみ方の一つかもしれませんね。

ナビ

新型ラパン(LAPIN)では、ナビを装着するフレーム部分もとってもキュート。
ナビを装着する部分は、このようなデザインになっています。
(今回は、ナビではなくオーディーオが装備されています。)

ディーラーさんの話によると、フォトフレームをイメージして
このようなデザインにしたみたいですね。

ただ、このフォトフレームをイメージしたナビの収納スペースは
ダッシュボードよりも大きくはみ出しています。

なので、ダッシュボードの上部に吸盤などで取りつけるタイプの
カーナビを使うのには、向いていないのかなと思いました。
この点は少し注意が必要かなと思いました。

助手席前の木目調カウンター

新型ラパン(LAPIN)の助手席の前にはテーブルや机をイメージした、
木目調のカウンタースペースが用意されています。

見た目はとってもオシャレですよね。
北欧家具のようなデザインで、私も妻も気に入りました。

新型ラパンのインパネの欠点・・・

とってもオシャレで使い勝手も良さそうなこの木目調カウンター
ただ、この木目調のカウンターには少し注意が必要です。

一見すると、このスペースにサイフやスマホ、iPhoneなどを置けそうですよね。

私も妻が新型ラパン(LAPIN)を運転している時に、スマホなどを
置いてみたのですが、ブレーキを掛けた時や曲がったときに
このスペースからすべり落ちました・・・。

どうやらこのスペースは見た目重視で、
使い勝手はあまり考えていなかったみたい・・・。

個人的には助手席に座っている人がスマホなどを置いておけるように
もう少し工夫をして貰いたかったです。

見たい目がとても良かっただけに残念でした。

新型ラパン(LAPIN)のインパネは、少し使い勝手に多少不満を感じましたが、
見た目はとっても可愛かったです。

やはり可愛いデザインは重要ですね。
私よりも妻の方がこのクルマを気に入っていました。

ちなみに、新型ラパン(LAPIN)ではこのような”隠れウサギ”も
たくさんいるみたいです。

試乗する際、この”隠れウサギ”も探してみてくださいね^^

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ