ハスラーのアイドリングストップ|キャストよりも優れた4つのポイント

ハスラー画像0007

スズキから発売されている軽SUVのハスラー(Hustler)の競合車が
ダイハツから発売されましたね。

今回ダイハツから発売された軽SUVの名前はキャスト アクティバ。

ハスラー(Hustler)の方が多少カクカクしたデザインですが、
ポップで可愛らしいデザインになっている点など共通点も多くなっています。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の乗り心地やパワーはハスラー(Hustler)に
負けず劣らずかなり良かったのですが、アイドリングストップの感じは、
ハスラー(Hustler)の方が圧倒的に良かったです。

ハスラー(Hustler)のアイドリングストップ方がキャスト アクティバよりも
優れていると感じた4つのポイント・メリットを紹介したいと思います。

※2015年9月28日の記事です。

ポイント3.アイストの長さの調整ができる

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)に比べてハスラー(Hustler)の
良いところは、アイドリングストップの長さを調整できる事。

燃費性能を良くするアイドリングストップの欠点は、停車中にエアコンが
作動しなくなる事ですよね。

ハスラー(Hustler)ではアイドリングストップを開始するタイミングや
エンジンが再始動するタイミングを次の3つから選べるようになっています。

・燃費優先
・ノーマル
・快適優先

例えば快適勢を優先するとアイドリングストップの時間は短くなり
少しでも車内の温度が上昇するとアイストが解除され、エンジンが再始動します。

一方、燃費優先にすると快適優先時に比べて、
エンジンが再始動するタイミングが圧倒的に遅くなります。

このように自分の好みでエンジンが始動するタイミングを調整できるのは、
とても良い機能だと思いました。

ポイント4.エンジンの再始動時の静かさ

また、ハスラー(Hustler)とキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
アイドリングストップの最大の違いは、エンジン再始動時のスムーズさ。

スズキの簡易型ハイブリッドシステム”Sエネチャージ”を登載している
ハスラー(Hustler)は、エンジンの再始動時の音がほとんど無音。

意識していないといつエンジンが再始動したか分からないくらい
スムーズにエンジンが再始動します。
また、エンジンが立ち上がる時に気になる揺れも感じる事はありません。

なので、アイドリングストップからの立ち上がりがとても快適。
これなら煩わしさからアイドリングストップをOFFにする必要も
なさそうです。

このようにハスラー(Hustler)でエンジンの再始動時にスムーズな理由は、
セルではなく、スターター用モーターを使用してエンジンを再始動している
からのようです。

一方、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のアイドリングストップからの
立ち上がりは、ハスラー(Hustler)と比べるとかなりうるさく感じてしまいます。

ブレーキペダルから足を離すとエンジン音が”ブルルルン”と耳元で
聞こえてくるので、エンジンがいつ立ち上がったかスグに分かります。

ハスラー(Hustler)のスムーズで静かなエンジンの再始動を知っていたので、
余計にキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のエンジン音が気になってしまいました。

このエンジンの再始動時の煩わしさはアクティバの欠点だと思いました。

このエンジンの再始動時のスムーズさとスムーズさは、
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)よりもハスラー(Hustler)の方が
圧倒的に良かったです。

先日キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)を試乗したのですが、
乗り心地や加速力はとても良かったです。

この点に関しては、ハスラー(Hustler)と比べても甲乙を
付け難いレベルだと思いました。

しかし、アイドリングストップに関してはキャスト アクティバよりも
ハスラー(Hustler)の方が圧倒的に良かったです。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ