ソリオの口コミ【スペーシアから乗り換えて良かった点とは?】

新型ソリオ0001

2015年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたスズキのプチバン
“新型ソリオ(SOLIO)”。

軽量ボディを活かした燃費の良さと広い室内・車内が人気のこのクルマですが、
先日、私の友人がスズキのスペーシア(SPACIA)からこのクルマに乗り換えたようです。

先日、私の友人にあった実際の乗り心地や良かった点などの話を
聞いてきたので、実際の口コミレビューを紹介したいと思います。

※ 2016年8月20日の記事です。

Chapter
新型ソリオの口コミ:良かった点とは?
メリット1:静寂性
メリット2:パワー&加速力

新型ソリオの口コミ:良かった点とは?

私の友人が購入したのは、新型ソリオ(SOLIO)の最上位モデルのMZグレード。
そして、カラーは一番人気のピュアホワイトパールにしたようです。

また、トヨタから発売されたいる3列目シートを採用している小型ミニバン
“新型シエンタ(SIENTA)”とどちらを購入しようか迷ったみたいですが、
次のようなところが気に入り、新型ソリオ(SOLIO)の購入に至ったようです。

メリット1:静寂性

私の友人がスペーシア(SPACIA)から新型ソリオ(SOLIO)に乗り換えて
一番驚いたのは、静寂性の良さ。

この新型モデルはスペーシアに比べてしっかりと遮音財や吸音材を
使っているためか、ロードノイズやエンジン音の侵入が格段に良くなっているようです。

さすがに坂道や山道を運転するとエンジンが唸るのでうるさく感じるようですが、
街中を窓を閉めて運転をすると、ほとんどエンジン音・ロードノイズは気に
ならないようです。

また、私の友人が特に驚いたのは、新型ソリオ(SOLIO)の
アイドリングストップの静かさ。

友人が乗っていたスズキの軽自動車”スペーシア”にはまだSエネチャージが
装備されていなかったため、アイドリングストップからエンジンが
再始動する時はエンジン再始動時に若干大きめの音と振動があったようです。

しかし、今回乗り換えた新型ソリオ(SOLIO)は、エンジンが再始動するときの
音や振動がほとんど無い事にとても感激したようです。

私もこのクルマを試乗した時、アイドリングストップ(アイスト)からの
再始動時の音の静か!ハイブリッド車なみにアイドリングストップといっても
過言ではないと思いました。

このクルマを試乗する際は、ぜひともアイドリングストップ(アイスト)の
スムーズさを確認してみてくださいね。

<次のページに続く>
次ページ
メリット2:パワー&加速力

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ