ソリオの標準モデルとバンディット【内装の違いは何がある?】

新型ソリオ0008

2015年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたスズキのプチバン新型ソリオ(SOLIO)。

このスズキの新型ソリオ(SOLIO)は、大きく分けてカジュアルなデザインが
特徴の標準モデルと、少しワイルドなデザインになっている上位モデルの
バンディットの2種類が用意されています。

外装・エクステリアの違いが一目瞭然の2台のモデルですが、内装・
インテリアのデザインも大きく異なります。

そんな新型ソリオの標準モデルとバンディットの内装・インテリアの
3つの主な違いを紹介したいと思います。

※2016年8月28日の記事です。

Chapter
新型ソリオの違い1:メーター
新型ソリオの違い2:センターパネルのデザイン
新型ソリオの違い3:シート

新型ソリオの違い1:メーター

今回新発売された新型ソリオ(SOLIO)の標準車と上位モデルの
バンディットの違いの一つが、メーターのデザイン。

標準モデルと上位モデルのバンディットのそれぞれのメーターの
デザインは、このようなデザインになっています。

■新型ソリオ 標準モデルのメーター

■バンディットのメーター

基本的なレイアウトや表示内容は、まったく同じ。
また、メーターの右側にマルチインフォメーションディスプレイに
表示されている項目にも違いはありません。

ただ、上位モデルの新型ソリオ バンディットの方はハニカムパターンを
取り入れたホワイトの盤面を採用。

このように見比べると、見た目の印象が全く異なりますよね。
実際に見ると、やはりホワイトの盤面を採用しているバンディットの
メーターの方が見た目のインパクトもあり、良いように感じました。

新型ソリオの違い2:センターパネルのデザイン

また、新型ソリオ(SOLIO)の標準車と上位モデルのバンディットでは、
インパネの中央にあるセンターパネルのカラーも異なります。

上位モデルの新型ソリオ バンディット(SOLIO BANDIT)のインパネと
センターパネルは、このようなデザインになっています。

このバンディットでは高級感のあるピアノブラック調のデザインを
センターパネルに採用。

上品なデザインのピアノブラックと左右にある送風口のデザインの
コントラストがとてもキレイで好印象。とてもオシャレなデザインの
内装・インテリアになっているように感じました。

一方、ベースとなっている標準モデルのインパネやセンター
パネルは、このようになっています。

ベースとなっている新型ソリオ(SOLIO)の標準車では、バンディットと異なり
シルバー塗装されたデザインを採用。

高級感という点では、上位モデルのバンディットに劣りますが、
この少しダークな色味になっているシルバーを採用している標準モデルの
センターパネルも実際に見てみると、なかなか良いデザインになっている
ように感じました。

<次のページに続く>
次ページ
新型ソリオの違い3:シート

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ