ソリオ バンディットの外装画像【ハイブリッドの見た目を徹底レビュー】

新型ソリオ0008

2016年11月、スズキの人気トールワゴンソリオ(SOLIO)から
ストロングハイブリッド車が遂に発売されましたね。

当初は2015年12月にストロングハイブリッド車を発売する予定だったので、
本当にようやくと言った感じですよね。

先日、今回新発売されたソリオ バンディットのハイブリッド車を見せて
貰ったのですが、基本的なデザインはもうすでに発売されているマイルド
ハイブリッド車と一緒。

ただ、エンブレムのデザインなど細かい部分で違いがありました。

そんなソリオ バンディット(SOLIO BANDIT)の外装・エクステリアを
見せて貰ったので、詳しく紹介していきたいと思います。

※2016年12月18日の記事です。

ハイブリッドSVでも両側電動スライドドアはオプション設定

今回新発売されたソリオ バンディット(SOLIO BANDIT)のハイブリッドSVを
見て残念に感じたのは、電動のパワースライドドアが標準装備されているのは、
助手席側のみ。

マイルドハイブリッド車のMVグレードと同様にこのハイブリッドSVでも、
運転席側のスライドドアは、オプション設定となっていました。

個人的には、ハイブリッドSVは両側電動スライドドアを標準装備にして
貰いたかったです。

タイヤ&ホイールのデザインもマイルドロハイブリッドと共通

また、今回新発売されたソリオ バンディット(SOLIO BANDIT)のハイブリッド車の
タイヤ&ホイールはこのようなデザインの15インチアルミホイールを標準装備。

ただ、タイヤ&ホイールのデザインはもううでに発売されている
マイルドハイブリッド車のMVグレードと全く一緒。

スズキは余分なコストが掛かるのを嫌がる企業なのですが、個人的には
ハイブリッド車専用のタイヤ&ホイールデザインを用意して貰いたかったです。

個人的にはストロングハイブリッド車専用のホイールデザインを期待していたので、
少々残念でした。

<次のページに続く>
次ページ
エンブレムのデザインに注目

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ