シートが良いのはどっち?アルトワークスとキャストスポーツ比較

新型アルトワークス画像0010

スズキから15年ぶりに新型アルトワークス(Alto Works)が発売されましたね。

今回久しぶりに復活した新型アルトワークス(Alto Works)ですが、
ダイハツから発売されたキャストスポーツ(CAST SPORT)と比較する人が多いようです。

やはり4人乗りの軽スポーツハッチバックと言うことが大きいのかもしれませんね。
ただシートの作りやこだわりに関しては、この2台のクルマで全く異なりました。

今回新発売された新型ワークスとキャストスポーツのフロントシートと後部座席では
どちらの方がかいてきだったのか、徹底的に比較してみたいと思います。

※2015年12月30日の記事です。

キャスト スポーツのフロントシート

一方、キャストスポーツ(CAST SPORT)のフロントシートは、
このようになっています。

レカロシートが使用されている新型アルトワークス(Alto Works)とは異なり、
このキャストスポーツ(CAST SPORT)のシートは、通常のシートを採用。

このクルマのシートはサイドの部分などにレザーを使用しており、
アクティバやスタイルと比べると上質間のあるデザインになっています。

ただ、少しこのキャストスポーツのシートで残念なのはサイドのサポート力。

このクルマのシートはソファーシートを採用しているため
サイドのサポートがほとんどありません。

短時間の移動ならまだ良いですが、もし長時間運転したときの腰への負担は
全く違うのかなと思いました。

この2台のクルマのフロントシートを比べると、レカロシートを採用している
新型アルトワークス(Alto Works)の方が圧倒的に良いと思いました。

比較2:後部座席を比較

フロントシートは新型アルトワークス(Alto Works)の方が圧倒的に良かったですが、
後部座席に関しては、まったく違う印象を持ちました。

それでは、新型アルトワークスとキャストスポーツの後部座席のシートを
比べてみましょう。

<次のページに続く>
次ページ
新型アルトワークスの後部座席

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ