アルトターボRSのシートのスゴイ特徴とは?画像で徹底レビュー

スズキから発売されたアルトに久々にターボエンジンを登載した事が
話題となった新型アルトターボRS。

私も新型アルト(Alto)に先駆けて新型アルトターボRSを見るために
ディーラーに行って来たのですが、このモデルもやっぱり良い。

実際に試乗もさせてもらったのですが、走りの楽しさを十分に
楽しめるとても良いクルマだと思いました。
(もう少しAGSは改善してもらいたいですが・・・)

また、実際に試乗をしてみて良いと思ったのは、シートのデザインと座り心地。
どうやら新型アルトターボRSのための専用デザインになっているみたいですね。

この新型アルトターボRSのシートデザインについて徹底的にレビューを
していきたいと思います。

※2020年10月8日の記事です。

Chapter
新型アルトターボRSのフロントシートは専用デザイン?
新型アルトのシートと異なる?
その1:下半身のサポート力アップ
その2:サイドのサポート力もアップ
その3:シートサイズが拡大
後部座席も専用デザイン?

新型アルトターボRSのフロントシートは専用デザイン?

今回走りを楽しむモデルとして登場した新型アルトターボRSの
フロントシートは、このようなデザインになっております。

この新型アルトターボRSのシートは、黒を基調にし赤いストライプが入った
専用のデザイン。

また、赤いステッチもシートのサイドに入っていました。

ブラックにアクセントカラーが入ったインパネにマッチした
良いデザインになっていますよね。

新型アルトのシートと異なる?

一見するとベースとなってる新型アルト(ALTO)のデザインとソックリな
新型アルトターボRSのシートですが、実はこの2つのモデルではシートの
設計・デザインが全く異なります。

こちらがベースになっている新型アルト(Alto)のシート。

そして、こちらが新型アルトターボRSのフロントシートになってます。

このように見たらシートのデザインはカラーが違うだけで、
まったく一緒に思えてしまいますよね。

そして、大きく分けて次の3つの変更点があるようです。

・座面のホールド力アップ
・背もたれのクッション素材
・シートサイズ

その1:下半身のサポート力アップ

新型アルトターボRSの座面は、スポーツ走行時にヒップや大腿部(もも)を
しっかりとサポートできるようにクッション形状を変更。

具体的には実際に着座する部分となる内幅をを狭くする事で腰まわりや
下半身のホールド性・サポート力を向上しているようです。

この画像ではなかなか違いを確認する事は出来ないのですが、
実際に座ってみるとこの違いは明らか。

新型アルトターボRSの方が腰周りのシートが狭くなっており腰まわりに
フィットするので、座ると自然と背筋がピッと伸びる感じがしました。

その2:サイドのサポート力もアップ

また、背もたれもベースとなっている新型アルト(Alto)と異なっています。

この新型アルトターボRSの背もたれにはサイドのサポートを
強化するために多少硬度が高めのウレタンを採用。

実際にこの内部に使用しているウレタン素材をかえたためかどうかは
分りませんが、新型アルトターボRSの座り心地は低反発マットに
座っているようなちょとと硬めになっているように感じました。

その3:シートサイズが拡大

まず新型アルトターボRSのシートの大きな変更点の一つは、シートサイズ。

今回この新型モデルに採用されているシートは、ベースとなっている
新型アルト(Alto)よりも幅が背もたれ・座面ともに10mm拡大してるようです。

また、クッション調も10mm長くなっているようです。

新型アルトターボRSは新型アルト(Alto)と異なり男性の方がファンが多いので、
シートが大きくなった事は良い事かもしれませんね。

私は175cmあるのですが、新型アルトターボRSのシートに座ったらちょうどピッタリ。

サイドサポートなどが大きくなっているデザインですが、
窮屈な感じは全く無く、むしろ、サポート感が良いと感じました。

後部座席も専用デザイン?

また、今回スズキの新型アルトターボRSの後部座席はこのようになっています。

この新型アルトターボRSの後部座席もフロントシートと同様に
ブラック基調にアクセントカラーにレッドとシルバーのストライプが
入っているデザインになっています。

また、新型アルト(Alto)の下位グレードでは後部座席のヘッドレストが
装備されていませんが、このクルマではヘッドレストが標準装備されていました。

安全面を考えると、個人的にはヘッドレストは重要な装備だと考えているので、
個人的は標準装備されていて良いなと思いました。

また、新型アルトターボRSと新型アルト(Alto)のフロントシートは
デザイン以外にも機能やサイズに違いがありましたが、後部座席に関しては
違いは無いようです。

なので、座り心地や足元空間のサイズは全く同じになっているみたいですよ。

新型アルトターボRSの後部座席の座面がフラットで滑りやすく感じたので、
個人的にはもう少しサポート力のあるデザインにして貰いたかったです。

このクルマで少しスポーティーな走りをした時に後部座席は
かなり左右に振られるのかなと思いました。

このように新型アルトターボRSではフロントシートはベースとなっている
新型アルト(Alto)と異なり専用のデザインになっています。

新型アルトワークスに採用されているレカロシートには及びませんが、
サポート力もしっかりとしており、なかなか良いシートだと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ