先代よりも少ないのが欠点?エスティマの収納スペース画像レビュー

エスティマ(ESTIMA)は髭のようなアクセサリーランプなど外装・エクステリアはスグに変わったとわかりますが、実は内装・インテリアのデザインも進化。先代モデルよりも使い勝手が良くなったように感じました。また、ホワイトの内装色が新設定されるなど、見た目もオシャレになったように感じました。エスティマ(ESTIMA)の内装・インテリアでちょっと残念・欠点に感じたのは、運転席周りの収納スペース。先代モデルよりも収納スペースの使い勝手は悪くなっているように感じました。そんなエスティマの収納スペースについて徹底的にレビューしたいと思います。また、先代モデルよりも悪くなったと感じた部分も紹介したいと思います。

2016/8/2

Chapter
エスティマ 運転席まわりの収納スペースレビュー
その1:運転席側アンダーボックス
その2:運転席側アッパーボックス
その3:インパネ中央コインボックス&ドリンクホルダー
その4:助手席側アッパーボックス&グローブボックス
その4:ドアアームレストポケット&ドアポケット
エスティマの収納:欠点に感じた部分とは?
トヨタ エスティマ 2016

エスティマ 運転席まわりの収納スペースレビュー

エスティマ(ESTIMA)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ エスティマ 2016

このモデルは、”アエラス プレミアムスマート”のホワイトカラーの内装色をしたインパネなのですが、見た目がかなりオシャレですよね。

また、一見すると収納スペースは少なそうに見えますが、実際はファミリーカーらしく収納スペースの数は、かなり充実しています。

ビッグマイナーチェンジをしたエスティマ(ESTIMA)ですが、内装・インパネには次のような収納スペースが用意されていました。


その1:運転席側アンダーボックス

エスティマでは、ハンドルの右側には、コインケースなどに使用する事ができるアンダーボックスが装備されています。


トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

このアンダーボックスを開けると、このような感じ。

トヨタ エスティマ 2016

実際にこの収納ボックスを開けてみると、広いですよね。コインケースとしてだけではなく、携帯用のウェットティッシュなども入りそうな広さを確保。

このアンダーボックスは運転席から手が届く範囲にあり、使い勝手もなかなか良さそうだなと思いました。

その2:運転席側アッパーボックス

また、エスティマ(ESTIMA)に新しく追加され収納スペースが、運転席側のインパネ上部に追加されたこの運転席側アッパーボックス。

トヨタ エスティマ 2016

一見すると、収納ボックスには見えませんが、このモデルのハンドルの左側にあるスイッチを押すと、インパネの上部の蓋が持ち上がり収納スペースが登場。

トヨタ エスティマ 2016

深さ・奥行きがあまり無いので収納力はあまりありませんが、曇ったときの窓拭き用のタオルなどを置いておくのには、良いのかなと思いました。また、左右に分かれているので、ちょっとした小物を置いておくのにも良いのかなと思いました。

トヨタ エスティマ 2016

その3:インパネ中央コインボックス&ドリンクホルダー

また、エスティマのガソリン車のインパネ中央の下部には、このように開閉式のコインボックスが装備されています。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

深さは無いのですが、その名前の通り小銭や駐車券、ガムなどちょっとしたお菓子を置いておくのには、良いスペースなのかなと思いました。また、このインパネ中央コインボックスの隣には、運転席と助手席用のドリンクホルダーを装備。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

使い勝手は良いのですが、個人的にはドリンクホルダーの位置が少し運転席から遠く、また、位置が低いのが少々気になりました。

ちなみに、このインパネ中央コインボックスとドリンクホルダーが装備されているのは、新型エスティマ(ESTIMA)のガソリン車のみ。ハイブリッド車には装備されていないので、ご注意を・・・。


その4:助手席側アッパーボックス&グローブボックス

また、エスティマ(ESTIMA)は、先代モデルと同様に助手席側の収納ボックスも充実。

トヨタ エスティマ 2016

助手席側のインパネにはグローブボックスだけではなく、上段にはこのようなアッパーボックスも装備。

トヨタ エスティマ 2016

実際に近くでこの助手席アッパーボックスを近くで見てみると、このような感じ。

トヨタ エスティマ 2016

横幅も奥行きも広くて使い勝手が良さそうですよね。ただ、ボックス型のティッシュを置くのには少しサイズが小さそう・・・。個人的にはもう一回り大きいサイズの方が良いように感じました。

また、今回ビッグマイナーチェンジをしたエスティマ(ESTIMA)のグローブボックスは、このようなデザイン。

トヨタ エスティマ 2016

実際に見てみると5ナンバーサイズのミニバンのヴォクシー/ボクシーやノアよりもグローブサイズも一回り大きめ。

車検証などをいれてもまだ余裕がある収納スペースは、使い勝手が良いように感じました。

ただ、ちょっと残念だったのは先代モデルと同様にエスティマ(ESTIMA)のグローブボックスの内部は、起毛処理が施されていなかったこと。アイテムを衝撃やショックから保護をする起毛処理が施されていたらさらに良かったです。

その4:ドアアームレストポケット&ドアポケット

また、今回ビッグマイナーチェンジをしたエスティマ(ESTIMA)のフロントドアドア内側パネルは、このようなデザインになっており、収納スペースが充実。

トヨタ エスティマ 2016

ドアアームレスト部分には、スマートキーを置いておくのに便利な小型ポケットを装備。

トヨタ エスティマ 2016

また、ドア内側パネルには500mlのペットボルトとちょっとした雑誌や冊子を置くことができるドアポケットを装備。

トヨタ エスティマ 2016

実際にこのドア内側パネルに500mlのペットボトルを置いてみると、このような感じ。


トヨタ エスティマ 2016

500mlのペットボトルを置いてもスッポリと収まるサイズ。

深さがあるため安定感があるのが良かったです。また、スムーズにスっとドリンクを取り出すことができるのもメリットの一つなのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたエスティマ(ESTIMA)の収納スペースは、このようなものが用意されていました。

このモデルのインパネに用意されている収納スペースはすべて開閉が必要なボックス型だったのが少々気になりましたが、インパネのスタイリッシュさを損なっていないのは良いのかなと思いました。

エスティマの収納:欠点に感じた部分とは?

このように大きさも十分で使い勝手が良い収納スペースが多く用意されている新型エスティマ(ESTIMA)ですが、実際に見てみて欠点に感じた部分もありました。


トヨタ エスティマ 2016

それは先代モデルで用意されていた運転席側アッパーボックスが今回のモデルでは、無くなってしまったこと。

先代モデルでは、ハンドルの奥側にこのような大き目の収納スペース“運転席アッパーボックス”が用意されていました。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

このように運転席側に大き目の収納ボックスを用意できるのは、エスティマのようなセンターメーターを装備しているクルマのメリットですよね。

エスティマのオーナーさんの中には、この収納スペースが使いづらいと言う人も多いのですが、USBソケットも用意されており、スマホやiPhoneなどを置くのに、個人的にはとても良いスペースだと思っていました。

トヨタ エスティマ 2016

なので、この個人的には使い勝手が良いと思った運転席アッパーボックスがモデルではなくなっていたのは、正直残念でした。また、使い勝手も収納力も先代モデルよりも若干劣ったのかなと感じました。

トヨタ エスティマ 2016

エスティマ(ESTIMA)のインパネ・運転席まわりの用意されていた収納スペースは、このようになっていました。

今回のモデルでは運転席アッパーボックスが無くなってしまったのが少々残念でしたが、家族で使用するファミリーカーとして十分満足できる収納スペースが用意されているなと思いました。これ以外にもセンターコンソールに収納スペースが用意されていますしね^^

また、個人的にはエスティマ(ESTIMA)は、十分な収納スペースを用意しながら、デザイン性が損なわれていないのも好印象でした。

もしこれからエスティマ(ESTIMA)を試乗される際は、収納スペースの位置や使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報