80系ヴォクシー煌2とZSの違いを実車で比較【内装の4つの変更点とは?】

ヴォクシー煌2では外装・エクステリアだけではなく、内装・インテリアの高級感もアップ。ベースとなっている80系ヴォクシーのZSグレードの欠点・デメリットでもあった安っぽさが無くなっていました。

そんなヴォクシー煌2(きらめき2)とベースとなっているZSグレードの内装・インテリアの4つの違い・変更点を実車の画像を使って紹介したいと思います。

2016/8/13

Chapter
ヴォクシー煌2とZSグレードの違い1:センタークラスター
ヴォクシー煌2とZSグレードの違い2:送風口の加飾
ヴォクシー煌2とZSグレードの違い3:ドアハンドル
ヴォクシー煌2とZSグレードの違い4:マルチインフォメーションディスプレイフード
トヨタ ヴォクシー 2016

ヴォクシー煌2とZSグレードの違い1:センタークラスター

80系ヴォクシー煌2(きらめき2)とZSグレードの内装・インテリアの違いの一つは、シフトレバーや空調パネルが装備されているセンタークラスターのデザイン。

ヴォクシー煌2(きらめき2)のセンタークラスターは、このように高級感のある艶やかなデザインが特徴のピアノブラック調のパネルを採用しています。

■煌2 ガソリン車のピアノブラック調のセンタークラスター

トヨタ ヴォクシー 2016

■煌2 ガソリン車のピアノブラック調のセンタークラスター

トヨタ ヴォクシー 2016

一方、ベースとなっているZAグレードのセンタークラスターは、このようにシボ加工されている素材を採用。

トヨタ ヴォクシー 2016

見た目の雰囲気が全く異なりますよね。

ZSグレードなど標準モデルの80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)に乗っている人がこの”煌2(きらめき2)”のこのセンタークラスターを見たら、羨ましがるかもしれません。

そのくらいヴォクシー煌2(きらめき2)のセンタークラスターは良かったです。

ただ、ピアノブラック調のパネルはホコリや指や手の指紋が目立ちやすいと言うデメリット・欠点もあります。私が見た時もこのように指紋がベッタリと付いていて、若干気になりました。

トヨタ ヴォクシー 2016

しかし、ヴォクシー煌2(きらめき2)では、ZSグレードで感じたプラスチック感を感じさせない高級感のあるデザインになっていたのは、個人的には大満足でした。

ヴォクシー煌2とZSグレードの違い2:送風口の加飾

また、ヴォクシー煌2(きらめき2)とベースになっているZSグレードの違いの一つが、インパネの左右にある送風口の装飾デザイン。(ちなみに、この送風口の装飾部分の正式名称はサイドレジスターベゼルと呼びます。)

このサイドレジスターベゼルの部分のデザインが、この煌2(きらめき2)とベースとなっているZSグレードで若干異なります。

こちらは80系ヴォクシー煌2(きらめき2)のインパネ左右にある送風口のデザイン。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

そして、こちらはベースとなっているZSグレードの送風口部分のデザイン。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

煌2(きらめき2)もZSグレードもブラックをベースにしたデザインになっているのは、共通となっております。しかし、ヴォクシー煌2(きらめき2)の送風口部分は、センタークラスターとマッチしたピアノブラック調の加飾を採用。

一見すると大きな違いには感じませんが、送風口部分がパッと目に入った時の印象が異なりました。

このような細かいな違いが、特別仕様車”煌2(きらめき2)”のインパネ全体の質感の高さに繋がっているのかなと実際に見て感じました。

ヴォクシー煌2とZSグレードの違い3:ドアハンドル

また、ヴォクシーの特別仕様車煌2(きらめき2)とZSグレードでは、内側のドアハンドルのデザインも異なります。

ヴォクシー煌2(きらめき2)のドアハンドルは、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

この煌2(きらめき2)のドアハンドルは、キラキラと輝くメッキ調のデザインを採用。

このモデルのドア内側パネルはブラックのデザインになっているので、光沢感のあるメッキデザインのドアハンドルがアクセントになっていて、とてもキレイでした。

一方、ベースとなっているヴォクシー/ボクシー(VOXY)のZSグレードのドア内側パネルとインサイドドアハンドルは、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

特別仕様車”煌2(きらめき2)”と異なり、このZSグレードのドアハンドルは、シルバーに塗装されたプラスチック素材を採用。

このシルバー塗装されたプラスチック素材のインサイドドアハンドルはハデなオレンジの内装色とはマッチしていましたが、高級感という点では、特別仕様車の”煌2(きらめき2)”よりも劣ります。

また、”煌2(きらめき2)”を見た後でこのZSグレードのインサイドドアハンドルを見ると、若干の物足りなさを感じてしまいました。個人的にはZSグレードよりもヴォクシー煌2(きらめき2)のデザインの方が高級感があって、良いように感じました。

ヴォクシー煌2とZSグレードの違い4:マルチインフォメーションディスプレイフード

また、80系ヴォクシーの特別仕様車”煌2(きらめき2)”とベースとなっているZSグレードでは、インパネ中央部分に設置してあるマルチインフォメーションディスプレイフードのデザインも異なります。

特別仕様車”煌2(きらめき2)”のマルチインフォメーションディスプレイフードのデザインは、このようになっています。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

一方、こちらはZSグレードのデザイン。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

ZSグレードのマルチインフォメーションディスプレイフードのデザインと異なり、特別仕様車”煌2(きらめき2)”は、シルバーの加飾を採用。

煌2(きらめき2)の2016年モデルは、シンプルだったインパネ上部にシルバー加飾されており、高級感・上質感のあるデザインに・・・。

このインパネ上部でキラリと輝く80系のヴォクシー煌2(きらめき2)のマルチインフォメーションディスプレイフードのデザインもこのモデルの注目ポイントの一つだと思いました。

トヨタ ヴォクシー 2016

80系ヴォクシーの特別仕様車”煌2(きらめき2)”とベースとなっているZSグレードの内装・インテリアを比較してみたところこのような違い・変更点がありました。

特に違いを感じたのは、インパネのデザイン。

特別仕様車”煌2(きらめき2)”の内装・インパネはシルバーやピアノブラックの加飾が施されており、ベースのZSグレードと全く異なる雰囲気の高級感のあるデザインになっていました。

現在のところ、ヴォクシーの中でヴォクシー煌2(きらめき2)がダントツで売れているようですが、実際にこのモデルを見て納得の出来でした。

もし特別仕様車”煌2(きらめき2)”が気になるのなら、ご自分の目で確認をしてみてくださいね。他のグレードとのデザイン性の違いに驚くと思いますよ。

画像 試乗レビュー速報