【先代よりも快適!?】6人乗りフリードの2列目シート画像レビュー

ホンダ フリード 2017

“ちょうどいい!”がコンセプトになっているフリード(Freed)、取り回しの良さ&使い勝手の良さが人気です。

先代モデルから使い勝手の良さが評判だったホンダのフリード(Freed)ですが、2代目となった現行モデルは、使い勝手や居住性などすべての面において、格段に良くなったように感じました。

このモデルの内装・インテリアで特に使い勝手が良くなったと思ったのは、前後のスライド幅が格段に大きくなった2列目シート。特に6人乗り用の独立したキャプテンシートは、とても良いと思いました。

そんな新型フリード(Freed)の6人乗り用の2列目シートの使いが手や座り心地を確認してきたので、紹介したいと思います。
2018/1/25

シートのデザインにも一工夫

また、フリード(Freed)の2列目シートに座ってみて初めて気付いたのですが、このモデルは2列目シートの居住性・快適性を高めるため、フロントシートのシートバックのデザインにも工夫が施されていました。

このモデルのフロントシートのシートバックの下の部分は、若干えぐれているデザインに…。そのため、セカンドシートを少し前に移動してもフロントシートのシートバックにヒザが当たりにくい工夫が…。

この限られた室内空間を最大限に活かす工夫は、さすがホンダだなと思いました。

新型フリードの6人乗り用2列目シート画像レビュー2:座り心地

フリード(Freed)は、2列目シートですが、座り心地・快適性も大満足。

独立キャプテンシートを採用している6人モデル用の2列目シートは、サイドの張り出しがしっかりとしており、座った時のサポート力が抜群に良い感じ。

また、シートの背もたれや座面もフラットではなく立体的なデザインになっているので、座った時に身体にしっかりとフィットして疲れにくいシートデザインになっているように感じました。

フリード(Freed)の独立キャプテンシートの座り心地は、シートの座面がフラットぎみになっている競合車・ライバル車のシエンタの2列目シートよりも格段に良くなっていると思いました。

<次のページに続く>
次ページ
2列目独立キャプテンシートに座って気になった唯一の欠点は…