【購入するならどれ?】スバル新型XVのおすすめグレードは何?

スバル XV 2017

インプレッサ スポーツから派生したクロスオーバーモデル新型XVが
フルモデルチェンジをして、2017年5月、スバルから新発売されましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルもキープコンセプトで
“スポカジ(スポーツ&カジュアル)”スタイルを継承。ただ、この新型モデルは
先代モデルよりもさらにSUVらしいデザインになっているように感じました。

そんな新型XVですが、今回は1.6リットルモデルが新たに追加されて、
2.0リットルモデルあわせて4つのグレードをラインナップしています。

グレードによってエンジンの排気量、外装や内装の装備・機能が異なるため、
どのグレードを選択するか悩ましいところですが、どのグレードが一番おススメ
なのでしょうか?

私が一番おススメだと思うグレードを理由とともに紹介したいと思います。2018/1/10

理由1:パワー&走破性

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVで、
“1.6i-L アイサイト”よりも”2.0i-S アイサイト”の方をおススメする
理由の一つが、パワーや走破性の面。

まだ発売日前なので、私はこのクルマを試乗していないのですが、
ディーラーさんに話を聞くと、街中を運転する分には1.6リッターでも
ストレスなく運転をする事が可能のようです。

ただ、山道や高速道路を運転すると、2.0リットルと1.6リットルモデルでは
加速力やパワーに明らかな差が生じるようです。

また、私はこのクルマのベースとなっているインプレッサ スポーツの
2.0リットルモデルと1.6リットルモデルを試乗した時に同じように感じました。

なので、長距離ドライブや山道で運転する事を考えると、1.6リットルより
2.0リットルモデルの方が心強いのかなと感じました。


理由2:装備面の違い

また、新型XVの”1.6i-L アイサイト”よりも”2.0i-S アイサイト”を見比べて、
気になったのが、装備面の違い。

“1.6i-L アイサイト”では、ウレタン製のハンドル、差し込んで回す形式の鍵など
“2.0i-S アイサイト”と比較すると、装備面に明らかな差が…。

■1.6i-Lのハンドル・ステアリングホイール

■1.6i-Lのキーの差し込み口

キーレスアクセス&プッシュスタートはメーカーオプションの設定に
なっているため、”1.6i-L アイサイト”に装備する事は可能です。

ただ、新型XVの”1.6i-L アイサイト”は車体本体価格だけで250万円を
超えるクルマと言う事を考えると、装備面で脆弱さは気になってしまいました。

<次のページに続く>
次ページ
2.0i-S アイサイトは機能面・装備面が充実