エクストレイルの内装レビュー【インテリアも上質感がアップ!?】

日産 新型 エクストレイル 2017

本格的なオフロード走行にも対応するタフギア日産の新型エクストレイルが
2017年6月にマイナーチェンジをしましたね。

今回のマイナーチェンジでは、外装・エクステリアが一新。
Vモーショングリルが強調された迫力あるフロントマスクになっていました。

一方、内装・インテリアに関しては、基本的には同じデザインに…。

ただ、デザインが見直され、より高級感・上質感のある内装・インテリアに
なっているように感じました。

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)の内装・インテリアの様子を
写真・画像に収めてきたので、徹底的にレビューをしたいと思います。2018/1/24


Chapter
日産新型エクストレイルの内装レビュー:インパネ編
注目ポイント1:D型シェイプのハンドルを採用
注目ポイント2:インパネのデザイン
日産新型エクストレイルの内装レビュー:シート編
注目ポイント1:3列シートモデルも用意
注目ポイント2:2列シートモデルでも後部座席リクライニングを用意

日産新型エクストレイルの内装レビュー:インパネ編

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

今回私が見たのはハイブリッド車の上位グレード”20X”だったのですが、
内装・インパネには、このような装備が装着されていました。

■ALL MODE 4×4iダイヤル

4WD車では、FFとAUTOを切り替えたり、前後のトルク配分を50対50に固定をする
LOCKモードを搭載するALL MODE 4×4iダイヤルを装備。

■スマートミラー

後方にあるカメラの映像を映し出すスマートミラー。

■シフトレバー

■メーター

■センターコンソール

このようなデザインになっているマイチェン後の新型エクストレイル(X-TRAIL)の
内装・インパネですが、次のような特徴&注目ポイントがありました。

注目ポイント1:D型シェイプのハンドルを採用

今回マイナーチェンジをした新型エクストレイル(X-TRAIL)の注目ポイントの一つが、
ハンドル・ステアリングホイール。

日産のセレナ(SERENA)やノート e-POWER(NOTE e-POWER)など最近の日産のクルマは
下部を垂直にカットしたD型シェイプのハンドル・ステアリングホイールを採用して
いますが、この新型モデルでもD型シェイプのハンドルを採用。


■新型エクストレイルのハンドル

また、ハンドル・ステアリングホイールの右側には、新型エクストレイル(X-TRAIL)の
注目の機能の一つでもある同一車線自動運転技術”プロパイロット機能”の操作スイッチを装備。

■新型エクストレイルのステアリングスイッチ

若干ステアリングスイッチの小ささは気になりましたが、
プロパイロット機能を簡単に操作できるデザインになっているのは、好印象でした。


<次のページに続く>
次ページ
注目ポイント2:インパネのデザイン