おすすめのルーフバッグ9選|選び方も解説

ルーフバッグ

※この記事には広告が含まれます

「アウトドアのためにルーフバッグが欲しいけどどれがいいか分からない!」と、お悩みの方は必見です。

ルーフバッグは多くのアイテムが販売されている上に、同じような機能を持つルーフボックスもあるため、どれを購入するか悩みますよね。

そこで、本記事ではルーフボックスと比較したルーフバッグのメリットやルーフバッグを選ぶポイントなどについて詳しく解説します。

あわせて、おすすめのルーフバッグを厳選して10個ご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
ルーフバッグとは?
ルーフバッグのメリット【ルーフボックスと比較】
ルーフバッグの選び方
ルーフバッグおすすめ9選
まとめ:ルーフバッグでアウトドアを楽しもう

ルーフバッグとは?

ルーフバッグ [ルーフレール不要 防水 ] 510L  A4サイズにたためる

出典:Amazon

ルーフバッグとは、自動車の屋根(ルーフ)に取り付けるバッグのことです。

車に入り切らない荷物を収納する際に使用します。

ルーフバッグがあれば、たくさんの荷物を積むことができます。

そのため、積載量が少ない車でもスキーやキャンプ、旅行などを楽しめます。

ルーフバッグのメリット【ルーフボックスと比較】

Amazonベーシック ルーフトップカーゴバッグ

出典:Amazon

ルーフバッグはソフトな素材でできていますが、ハードな素材でできている箱状のルーフボックスもあります。

「どっちを選べばいいの?」と悩む方も多いと思います。

そこで、ルーフボックスと比較しながらルーフバッグのメリットを紹介します。

ご紹介するメリットは以下の3つです。
  • コスパが良い
  • 取り付け・取り外しが簡単
  • コンパクトに収納できる
それぞれを詳しく解説します。

コスパが良い

GFUN ルーフキャリアバッグ

出典:Amazon

ルーフバッグの値段は、大きさやブランドによって異なりますが、約1万円程度が相場です。

一方、ルーフボックスは最低でも3万円から、高価なものは10万円を超えるものもあります。

ルーフバッグはルーフボックスよりも簡易的なアイテムである分、ルーフボックスよりもコストパフォーマンスに優れています。

コスパ重視で選びたいという方は、ルーフバッグがおすすめです。

取り付け・取り外しが簡単

車用ルーフキャリアバッグ 415L 大容量 600D PVC IPX6 完全防水 防塵 折りたたみ式 携帯便利 レ...

出典:Amazon

多くのルーフバッグは、ルーフレール(ルーフボックスを設置する設備)がなくても取り付けができます。

取り付け方法は車の天井から車内にベルトを通して固定するだけです。

そのため、車に詳しくない人や力に自信のない方でも自分で簡単に取り付けられます。

一方、ルーフボックスは取り付けるためのベースキャリア(取り付ける際の土台)が必要になります。

また、ルーフボックス本体が重いので、取り付けの作業はカーショップに依頼するのが確実です。

コンパクトに収納できる

ルーフキャリアバッグ 486L 大容量 安全固定 折り畳み 収納バッグ付き 二重PVC防水加工

出典:Amazon

ルーフバッグはナイロンやキャンバスなど、ソフトな素材でできています。

そのため、使わない時はコンパクトに収納しておくことができます。

また、アイテムによっては、かなり小さくまとめられるものもあります。

一方、ルーフボックスは箱状で場所を取るため、使わない時でも車につけたままにしておく人もいます。

ただ、その分直射日光にさらされるため、劣化が早くなってしまうリスクがあります。

「年に数回のキャンプや旅行で使いたい」というように、使う頻度が少ない方は、使わない時に収納しやすいルーフバッグがおすすめです。

ルーフバッグの選び方

SUV用ルーフトップカーゴキャリア

出典:Amazon

「ルーフバッグが欲しいけどどうやって選べば良いか分からない」という方のために、ここではルーフバッグの以下の3つの選び方をご紹介します。
  • 容量で選ぶ
  • 防水性・耐久性で選ぶ
  • 使いやすさで選ぶ
それぞれを解説していきます。

容量で選ぶ

車用ルーフバッグ 防水 大容量 425L 折りたたみ

出典:Amazon

ルーフバッグの容量は、300L程度のコンパクトなものから、500Lを超える大容量のものまで幅広く用意されています。

「ソロキャンプで荷物が少ないからコンパクトなものにしよう」「4人家族でスキー旅行に行くから大容量タイプにしよう」といった風に、使う目的によって、必要な容量を選びましょう。

防水性・耐久性で選ぶ

ルーフキャリアバッグ 大容量 425L 完全防水 折り畳み式 持ち運び便利

出典:Amazon

防水性や耐久性も重視したいポイントです。

粗悪なルーフバッグだと、雨が中の荷物まで染み込んでしまったり、真夏の日差しですぐに劣化してしまったりすることもあります。

中の荷物を守るためにも、防水性・耐久性に優れたアイテムを選びましょう。

使いやすさで選ぶ

ルーフバッグには、アイテムごとにさまざまな特徴があります。
  • 軽くて取り付けが簡単
  • ファスナーの開け閉めがしやすい
  • スライドドアでも装着できる
どんなルーフバッグが使いやすいのかは人それぞれです。

実際に使う場面をイメージし、自分が使いやすいと思えるアイテムを選ぶようにしましょう。

ルーフバッグおすすめ9選

いざルーフバッグを買おうと思っても、いろいろなアイテムがあり迷ってしまいますよね。

そこで、上述した「ルーフバッグの選び方」を踏まえて、当サイトが特におすすめしたいルーフバッグを10個厳選しました。

よく比較して、自分に合うものを探してみてくださいね。

GFUN

ルーフキャリアバッグ 二重PVC防水加工 高強度500Dポリエステル

6,299円〜(税込)

二重PVC防水加工で雨の日も安心

GFUNの「ルーフキャリアバッグ」は、容量が425Lのルーフバッグです。

表地・裏地ともに二重PVC防水加工がされているので、雨の日も安心です。隠れ式のファスナーにも防水加工がされているので、水が染み込む心配はありません。

折りたたみ式なので、使わない時はコンパクトに収納しておけるのも嬉しいポイント。

リーズナブルで防水加工に優れたルーフバッグをお探しの方におすすめです。

Amazonベーシック(Amazon Basics)

ルーフトップカーゴバッグ 容量425L 防水加工

7,100円〜(税込)

1年間の保証付で安心

Amazonベーシックの「ルーフトップカーゴバッグ」は、容量が425Lのルーフバッグです。

防水素材でできている上に、ファスナーをカバーするフラップがついているので、雨の日でも安心して荷物を運べます。

頑丈な縫製でできているため、耐久性にも優れています。

また、バックルで留めるストラップが計8本付いているので、緩みなくバッグをしっかりフィットさせられます

「Amazonベーシック1年間限定日本国内保証」がついているのも高ポイントです。

Rightline Gear

ルーフバッグ [ルーフレール不要 防水 ] 510L A4サイズにたためる

19,299円〜(税込)

ルーフレール不要の大容量ルーフバッグ

Rightline Gearの「ルーフバッグ」は、キツネのワンポイントが特徴的なルーフバッグです。

容量は510Lで、家族でのお出かけにも安心の大容量となっています。

ルーフレールが無くても、ドア枠にカークリップで取り付けられるので、幅広い車種に対応可能です

​キャンプやスキーにぴったりの大容量ルーフバッグをお探しの方は、ぜひご検討くださいね。

SMONTER

車用ルーフキャリアバッグ 防水 PVC 折り畳 大容量520L

6,499円〜(税込)

100%防水設計!520Lの大容量ルーフバッグ

SMONTERの「車用ルーフキャリアバッグ」は、520Lの大容量ルーフバッグです。

100%防水設計なので、悪天候でも安心して荷物を運べます。

また、高強度のナイロンストラップでルーフバッグをしっかり固定するので、荒い道や高速道路でも心配ありません

ルーフラックがなくても取り付け可能なので、幅広い車種に対応可能です。

Rupse

ルーフキャリアバッグ 大容量 425L 完全防水 折り畳み式 持ち運び便利

9,499円〜(税込)

滑り止めパッド付きで走行中も安心

Rupseの「ルーフキャリアバッグ」は、黒と黄色のデザインが特徴的なソフトシェル素材のルーフバッグです。

高品質の防水ファスナーを採用しているので、抜群の耐久性を誇ります。さらに、ファスナー用のカバーがあるため大雨の日でも安心です。

また、横滑り防止パッドが付いているので、走行中にルーフバッグの滑りを心配する必要はありません

高品質なルーフバッグをお探しの方は、ぜひご検討ください。

MIDOULANDEXTYT

車用ルーフキャリアバッグ 415L 大容量 600D PVC IPX6 完全防水 防塵 折りたたみ式 携帯便利 レール不要 滑り止めシート・210D防水収納袋つき

12,999円〜(税込)

取り付け簡単!99%の車に対応可能

MIDOULANDEXTYTの「車用ルーフキャリアバッグ」は、容量が415Lのルーフバッグです。カラーバリエーションは黒・赤の2色となっています。

バッグの外側だけでなく、内側も100%防水加工となっているため、悪天候の日でも安心です

滑り止めシートがついているのも嬉しいポイントです。

また、ラックの有無に関わらず取り付け可能で、99%の車に対応しています。

簡単に取り付けられるので、車に詳しくない方でも安心です。

Kcyerz

車用ルーフバッグ 防水 大容量 425L 折りたたみ

5,780円〜(税込)

コスパ◎防水性・耐久性ともに抜群

Kcyerzの「車用ルーフバッグ」は、リーズナブルな料金が魅力のルーフバッグです。

容量は425Lで、直射日光に当たっても色あせしにくい素材でできています。

表地と裏地には二重PVC防水加工が施されており防水性も安心です。その上、縫製が頑丈なので耐久性も抜群です。

折り畳めば車に常時入れておいても邪魔にならないくらいコンパクトになるので、年に数回しか使わないという方におすすめです。 

MIGHTDUTY

ルーフキャリアバッグ 486L 大容量 安全固定 折り畳み 収納バッグ付き 二重PVC防水加工

6,550円〜(税込)

598Lの超大容量が魅力

MIGHTDUTYの「ルーフキャリアバッグ」は、598Lの大容量ルーフバッグです。耐摩耗性・防水性が高い600Dのポリエステル素材を採用しています

ルーフラックがない場合でも取り付け可能で、軽自動車・SUVなど幅広い車種に対応しています。

425L・486Lのサイズも用意されているので、用途に応じてお選びください。

Bediffer

SUV用ルーフトップカーゴキャリア

4,979円〜(税込)

黒一色のシンプルなデザイン

Bedifferの「SUV用ルーフトップカーゴキャリア」は、真っ黒でシンプルなデザインが特徴的なルーフバッグです。

滑り止めパッドがついているので、でこぼこ道の運転中も荷物を心配する必要がありません。

耐久性に優れているだけでなく、防水性、日焼け防止、防塵性など機能性も抜群です

ロゴやワンポイントがないシンプルなデザインをお求めの方におすすめです。

まとめ:ルーフバッグでアウトドアを楽しもう

今回は、ルーフバッグのメリットや、選び方のポイントなどについて詳しく解説いたしました。

ルーフバッグは、コスパ良く車の積載量を増やせる便利なアイテムです。

使わない時はコンパクトに収納できるのも嬉しいポイント。

年に数回アウトドアを楽しみたいという方にもってこいのアイテムです。

今回ご紹介した10個のルーフバッグは、どれも本当におすすめできるものなので、よく比較検討してお気に入りを見つけてみてくださいね。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細