【2024年版】新生児向けのチャイルドシートのおすすめ16選|人気のISOFIX対応商品もご紹介

オリジナルアイキャッチ

※この記事には広告が含まれます

生まれたばかりの新生児をクルマに乗せる際に欠かせない「チャイルドシート」。

新生児向けチャイルドシートは、コンビ、アップリカ、エールベベなど、多くのメーカーからさまざまな商品が展開されています。

種類も豊富で、シートベルトで固定するものから、ISOFIXという方法を使うものまでさまざま。

そのため、「どのチャイルドシートが良いのかわからない!!」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

結論、下記のポイントを抑えて選べば間違いなしです。
新生児向けチャイルドシートの選び方
  • 新生児が使える種類を選ぼう
  • 安全基準で選ぼう
  • 取り付け方法で選ぼう
数ある商品の中でも特におすすめなのが下記商品です。

↓↓↓商品名をクリックすると詳細を閲覧できます↓↓↓
商品名 画像 最安値 スペック
対象年齢 対応体重 対応身長 固定方式 製品重量

Joie(ジョイー)

Arc360°

ジョイー Joie チャイルドシート Arc360°(アーク360°) ブラック&ネイビー 38704

退院時からすぐに使える!ISOFIX対応回転式チャイルドシート

新生児〜4歳 〜18kg - ISOFIX 11.9kg

Maxi-Cosi

PEBBLE 360

PEBBLE 360

先進の安全性はもちろん使いやすさも最高!

新生児〜15ヶ月 〜13kgまで 40〜83cm ISOFIX固定/シートベルト固定 4.3kg

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
新生児向けチャイルドシートの選び方
新生児用チャイルドシートの一括比較表
新生児向けチャイルドシートのおすすめ6選
【毎日更新】Amazonおすすめの新生児用チャイルドシートランキングTOP10
Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの新生児向けチャイルドシート売れ筋ランキング
ベビレンタで新生児向けのチャイルドシートをレンタルしよう
自分に合った新生児向けチャイルドシートを見つけよう!

新生児向けチャイルドシートの選び方

チャイルドシートは、子どもの年齢や体型に合うタイプを選ぶことが大切です。

そこで、下記の5つの選び方を抑えて選べば間違いなしです。
新生児向けチャイルドシートの選び方
  • 新生児〜1歳まで対応したベビーシートがおすすめ
  • 安全基準で選ぼう
  • 取り付け方法で選ぼう
  • シートの機能を確認しよう
  • 手入れのしやすい商品を選ぼう
それぞれの選び方を詳しく見ていきましょう。

新生児〜1歳まで対応したベビーシートがおすすめ

チャイルドシートは、種類によって適している年齢が違います。

そのため、新生児用の種類を選ばないといけません。

新生児におすすめな種類はベビーシートです。

ベビーシートは、新生児から1歳頃までの赤ちゃんが安全に使えるように設計された製品です。

適正身長は70cm以下で、体重の目安は10〜13kgです。

リクライニングのできるものや、後ろ向き乗車ができる商品が多く新生児にとって必要な機能が揃っています。

新生児以降も使える商品もありますが、最も新生児に適しているのはベビーシートと言えるでしょう。

安全基準で選ぼう

チャイルドシート

出典:Amazon

チャイルドシートは、赤ちゃんを守る装置です。そのため、安全かどうかは、大切な基準となります。

Eマーク付きの製品を選ぼう
「Eマーク」がついているチャイルドシートは、国が定めている安全基準を満たした製品です。

Eマークには、「ECE R129」「ECE R44」の2つの基準があります。

ECE R129が最新の基準です。従来のテストに比べ、より厳しい試験をクリアした製品にのみついているマークです。

したがって、「ECE R129」の商品を選ぶのがおすすめです。

2つの安全基準の安全試験の大まかな内容は下記のとおりです。

  ECE R129 ECE R44
衝突テスト 前後+側面 前後のみ
試験用ダミー人形 センサー付き人形 センサーなし人形
乗り換え時期 身長基準 体重基準
後ろ向き仕様の義務期間 身長75cmかつ15ヶ月まで 体重9kgかつ1歳頃まで
後ろ向き乗車ができる期間で選ぶ
後ろ向き乗車は、前向き乗車より安全性が高まると言われています。

子どもの頭の重さは体重の約3分の1を占めると言われています。

そのため、前向き乗車で事故にあうと前方に頭が流されるため、首や肩に大きな衝撃が加わります。

一方で後ろ向き乗車は、重たい頭を背もたれで支え、事故の衝撃を背中の広い面で分散してくれます。

安全基準や商品の種類によって後ろ向きで使用できる期間は異なります。

ある程度体の作りが整ってくる身長105cm(3歳半〜4歳頃)まで使用できるものがおすすめです。

取り付け方法で選ぼう|ISOFIXかシートベルト固定か

isofix

出典:Amazon

チャイルドシートの固定方法には、ISOFIX固定とシートベルト固定の2種類あります。

初めてチャイルドシートを購入するなら、ISOFIX固定の商品がおすすめです。

ISOFIX固定は、クルマに搭載された金具と本体のコネクターを連結するだけで簡単に取り付けができます。

ISOFIX固定の商品のほとんどは、正しく固定できているか確認ができるインジケーターがついており、取り付けミスを減らすこともできます。

一方でシートベルト固定は、取り付けの際にある程度力が必要な上に、取り付けミスが起こりやすい点に注意が必要です。

シートベルト固定の商品は、汎用性が高く、様々に取り付けができます。

そのため、ISOFIX固定の商品が取り付けられない車であったり、使用頻度が低かったりする場合は、選ぶ際の選択肢に入れても良いかもしれません。

チャイルドシートを購入する際は、どちらの固定方法の商品を買うにしろ、自分のクルマに取り付けられるかどうか確認しましょう。

シートの機能を確認しよう

安全性や取り付けの簡単さはもちろん大切です。しかし、子どもは大人より負担を感じやすいです。

子どもの負担を減らせる機能がついたものを選ぶとより子どもが快適に過ごせます。

リクライニング調整ができると◎
リクライニング調整機能があると、子どもの好みや状況に合わせて使い分けができます。

子どもは眠った際に頭が前側に倒れがちです。そんなときにリクライニングができると、より快適に、安全に眠ることができます。

通気性が良いものだと◎
チャイルドシートは長時間子どもを乗せるものなので通気祭に気をくばりたいですよね。

背面や座面がメッシュ仕様で本体の外側に通気口があるものなら、快適に過ごしやすいです

長時間の運転の際には、1時間に1度を目安にチャイルドシートからおろし、負担を減らしてあげましょう。

手入れのしやすい商品を選ぼう

お子さんがまだ幼いうちはよだれ、吐き戻しがあり、ある程度成長した後はお菓子や飲み物をおこぼし、チャイルドシートが汚れることが多々あります。

そのため、手入れのしやすい商品を選んでおくと、日々の手間が省けて楽になります。

カバー類の着脱には意外と手間がかかります。そのため、本体の溝にはめ込むだけで着脱ができる商品だと格段に手入れが楽になります。

また、洗濯機で洗えるかどうかも確認するとより良いです。洗濯機で洗えない商品だと、いちいち手洗いをしないといけないので手間が増えます。

衛生的な状態を保つためにも、手入れのしやすい商品を選びましょう。

新生児用チャイルドシートの一括比較表

商品名 画像 最安値 特徴 スペック
対象年齢 対応体重 固定方式 製品重量

Aprica(アップリカ)

ディアターン プラス ISOFIX AB

Aprica(アップリカ) ISOFIX固定 新生児から使える回転式ベッド型チャイルドシート ディアターン プラス...

赤ちゃんが楽に呼吸できるベッド型に変形可能

新生児〜4歳 2.5〜18kg ISOFIX 14.8kg

cybex

エイトンS2 i-サイズ

エイトンS2 i-サイズ

広々サイズだけど超軽量で扱いやすい

新生児〜18ヶ月 〜13kgまで ISOFIX固定、シートベルト固定 5.88kg

Joie(ジョイー)

ベビーシート ジェム エンバー 38835

Joie(ジョイー) ベビーシート ジェム エンバー 38835

対応のベビーカーに装着するとトラベルシステムとして使用可能!

新生児〜18ヶ月 〜13kg ISOFIX 3.8kg

Joie(ジョイー)

Arc360°

ジョイー Joie チャイルドシート Arc360°(アーク360°) ブラック&ネイビー 38704

退院時からすぐに使える!ISOFIX対応回転式チャイルドシート

新生児〜4歳 〜18kg ISOFIX 11.9kg

Maxi-Cosi

PEBBLE 360

PEBBLE 360

先進の安全性はもちろん使いやすさも最高!

新生児〜15ヶ月 〜13kgまで ISOFIX固定/シートベルト固定 4.3kg

britaxromer(ブリタックスレーマー)

BABY-SAFE 3 i-SIZE

BABY-SAFE 3 i-SIZE

世界の自動車メーカーが純正品に採用する信頼と安全性

新生児〜15ヶ月 〜13kgまで ISOFIX固定、シートベルト固定 4.6kg

新生児向けチャイルドシートのおすすめ6選

さまざまな種類の新生児向けチャイルドシートが販売されているため、どれを選ぶべきかもよってしまうことも多いかと思います。

そこで今回CarMe編集部は、AmazonなどECサイトでの売れ筋商品をピックアップしました。

Aprica(アップリカ)

ディアターン プラス ISOFIX AB

28,980円〜(税込)

赤ちゃんが楽に呼吸できるベッド型に変形可能

前向き・後ろ向きだけでなく、赤ちゃんが楽に呼吸ができるベッド型にして使うこともできるディアターンシリーズのISOFIX対応商品となります!

ステップとしては、新生児期〜1歳頃まではベッド式、首すわり頃〜1歳半頃までは後向き、1歳頃〜4歳頃には前向き使用が推奨されています。

シートベルト固定よりも取り付けミスが少なく、確実・簡単に設置できるのが魅力的です。

こちらはシェードがついていないタイプになるので、お値段はシートベルト固定のものとは大きく変わりません。

対象年齢
新生児〜4歳
対応体重
2.5〜18kg
対応身長
-
固定方式
ISOFIX
製品重量
14.8kg

cybex

エイトンS2 i-サイズ

29,700円〜(税込)

広々サイズだけど超軽量で扱いやすい

最新の安全基準を満たした軽量ベビーシートでありながら、広々したシートサイズを実現。

最高身長は87cmなので生後3ヶ月から2歳まで使用可能です。

11段階に調節できる取り外し可能な新生児用インレイ付きなので、身長61cmくらいまではフラットで安全なポジションをキープできます。

伸縮式の大きな日除けも標準装備されているので、日差しや風からお子様をしっかりと保護します。

対象年齢
新生児〜18ヶ月
対応身長
45〜87cm
対応体重
〜13kgまで
固定方式
ISOFIX固定、シートベルト固定
製品重量
5.88kg
‎安全基準
UN-R129/03

Joie(ジョイー)

ベビーシート ジェム エンバー 38835

3,980円〜(税込)

対応のベビーカーに装着するとトラベルシステムとして使用可能!

ベビーカーにも車にもセットできる多機能ベビーシート「ジェム エンバー」。

チャイルドシートやベビーカーの他にも、キャリー、バウンサー、チェアと色々な使い方ができます!

ベビーシートに赤ちゃんを寝かせたままベビーカーにドッキングし通常のチャイルドシートとしてもが利用できるので、室内・室外の移動や切り替えがスムーズにできます。

お子様のお出掛けを快適にする優れものです。

対象年齢
新生児〜18ヶ月
対応体重
〜13kg
対応身長
-
固定方式
ISOFIX
製品重量
3.8kg

Joie(ジョイー)

Arc360°

3,980円〜(税込)

退院時からすぐに使える!ISOFIX対応回転式チャイルドシート

「Arc360°(アーク360°)」は、生まれたばかりの新生児の赤ちゃんから使えるISOFIX対応回転式チャイルドシートです。

お子さまの乗せ降ろしもスムーズで、ISOFIX対応なので誰でも簡単に車へ取り付けることができます。

取付時のミスを防ぐ安全設計が嬉しいポイントです。

本体も超コンパクトなので後部座席を広々と使うことができ、お出かけがもっと楽しく、もっと楽になるチャイルドシートです。

対象年齢
新生児〜4歳
対応体重
〜18kg
対応身長
-
固定方式
ISOFIX
製品重量
11.9kg

【ジョイー公式 】Arc360°の取付方法動画


Maxi-Cosi

PEBBLE 360

29,700円〜(税込)

先進の安全性はもちろん使いやすさも最高!

ペブル360は先進的な安全性と快適性を兼ね備えた最新のベビーシートです。

通気性に優れたシート素材を採用しているため、汗で蒸れる心配がありません。

カーアクシデントにも無償で対応しているため、万が一の時でも安心です。

シートベルトでの固定もできますが、別売の車ベースメント「FamilyFix360」を使って固定すると、安全で確実な固定ができるのでおすすめです。

なお、ベースメントには回転機能がついているので、レバーひとつで車のドア側にシートを向けることができ、大人も赤ちゃんもストレスなく乗り降りできます。

対象年齢
新生児〜15ヶ月
対応身長
40〜83cm
対応体重
〜13kgまで
固定方式
ISOFIX固定/シートベルト固定
製品重量
4.3kg
‎安全基準
R129i-Size適合

britaxromer(ブリタックスレーマー)

BABY-SAFE 3 i-SIZE

39,600円〜(税込)

世界の自動車メーカーが純正品に採用する信頼と安全性

ブリタックスレーマーは、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンなど安全性の高さで知られる自動車メーカーが純正採用するチャイルドシートです。

「ライフラットテクノロジー」と呼ばれる、ヘッドレストと背もたれの角度が連動して一体化するリクライニングの特許技術機能によって、子供の成長に合わせて快適で安全なポジションを簡単に調整できるようになっています。

さらに、ヘッドレストとハーネスの高さもお子様の身長に合わせて片手で簡単に調整できます。

対象年齢
新生児〜15ヶ月
対応身長
40〜83cm(後ろ向き専用)
対応体重
〜13kgまで
固定方式
ISOFIX固定、シートベルト固定
製品重量
4.6kg
‎安全基準
R129i-Size適合

【毎日更新】Amazonおすすめの新生児用チャイルドシートランキングTOP10

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの新生児向けチャイルドシート売れ筋ランキング

ベビレンタで新生児向けのチャイルドシートをレンタルしよう

ベビレンタは、ベビー用品をレンタルして使うことができるサイトです。

ベビー用品の多くは、子どもの年齢に合わせて買い換えないといけません。

特に、新生児向けの用品は、取替の時期が早くなりがちです。

そこで、ベビレンタでレンタルをすることで、お得に環境にも優しくベビー用品を使ってみませんか?ベビレンタは元保育士の方が運営しているため、安心感も抜群です。ぜひこの機会にベビレンタでレンタルしてみましょう。

詳細はこちら

自分に合った新生児向けチャイルドシートを見つけよう!

チャイルドシートは、走行時もしもの事故が起きてしまった場合に、子供の命を守ってくれます。

ぜひこの記事で紹介したおすすめのチャイルドシートを参考に、商品を選んでください。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細