性能が高い360度ドライブレコーダー8選│後悔しない選び方や注意点も解説

助手席の女性

ドライブレコーダーには、さまざまな種類やタイプがありますが、クルマの全周囲をカバーしようと考えているのであれば、360度タイプが断然おすすめです。前後左右をしっかり撮影録画してくれる360度ドライブレコーダーは、安全運転にもひと役かってくれるスグレモノ。その魅力を解説していきます。

Chapter
360度ドライブレコーダーがおすすめな3つの理由
360度ドライブレコーダーの選び方
360度ドライブレコーダーでおすすめの5つのメーカー
イチオシ360度ドライブレコーダー8選
1:ユピテル「Q-20P」
2:コムテック「HDR360GW」
3:コムテック「ZDR037」
4:ケンウッド「DRV-CW560-K」
5:ケンウッド「DRV-C750」
6:セイワ「PIXYDA PDR650SV」
8:セイワ「PIXYDA PSR2360G」
8:AKEEYO 「AKY-V360S」
360度ドライブレコーダーを選ぶときの6つの注意点
万がいちに備えて性能の高い360度ドライブレコーダーを用意しよう!

360度ドライブレコーダーがおすすめな3つの理由

ドライブレコーダーには、おおきく分けると前方のみ、前後、360度というカメラタイプがあります。

価格だけでみれば、前方のみを撮影するドライブレコーダーがもっとも安く、買いやすいのですが、あおり運転対策には、車両の後方も撮影できる前後2カメラたは360度カメラタイプがおすすめとなります。

なかでも、これからドライブレコーダーの導入を考えている方には、360度タイプのドライブレコーダーをおすすめします。その理由は、他のドライブレコーダーにはない性能が数多くあるから。以下で、その性能について解説しましょう。

1:側面の撮影が可能

事故は、クルマの正面だけで起こるわけではありません。後ろからの追突や、横からの衝突、バイクや自転車のすり抜け時に起こるボディへのこすりキズなどなど、トラブルの種は全周囲にわたって潜んでいます。

360度タイプなら、前方・後方だけでなく、側面もしっかり撮影録画してくれるので、事故はもちろん、すり抜けによるこすりキズ、運転トラブルの証明にも有効なんです。

また、あおり運転対策に十分な効果を発揮してくれるのも、おすすめする理由です。

2:車内の撮影が可能

おおくの機種はひとつのカメラで360度を録画するので、クルマの周囲だけでなく、車内も録画されています。

車内を録画できると、タクシーなど人を載せて営業運転をする場合、犯罪の抑止力になったり、ドライバーの安全運転意識の向上に役立ちます。また家族や友人とのドライブで、旅の思い出として残すことも可能です。

3:一体型なら取り付け料金が安価

ドライブレコーダーは、休日のDIYでかんたんに取り付けできるものもあれば、配線が複雑でプロにお願いしなければならないものもあります。

とくリアカメラを持つ前後2カメラタイプは、フロントガラスに設置された本体からリアカメラまで、室内に配線を通す必要があり、美しく仕上げるのにはちょっとした知識と工具が必要。ディーラーやカー用品店での取り付け工賃も高くなってしまいます。

360度タイプの場合、一体型であればDIYで取り付けもできますし、プロに依頼しても取付費用は比較的安く抑えることができます。

360度ドライブレコーダーの選び方

ここからは、360度ドライブレコーダーの選び方を紹介していきます。

選び方のポイントは、カメラのタイプ、画素数(画質)、フレームレート、撮影範囲にくわえて、GPSやGセンサー、駐車監視など、あると便利な機能も数多くあります。ぜひ、360度ドライブレコーダーを選ぶ参考にしてください。

1:カメラのタイプで選ぶ

まずはカメラのタイプで選んでいきます。ドライブレコーダーのカメラのタイプは、おもに「一体型」「セパレート型」「ミラー型」の3つです。

タイプによって撮影できる範囲や本体の形状、価格が変わってくるので気をつけましょう。

1:使いやすい一体型

一体型は、本体とカメラがひとつにまとまったもので、360度タイプのなかでは価格も比較的安価なものが多い傾向です。

ほとんどの機種はフロントガラスに装着し、クルマの周囲をグルッと撮影します。取り付けも比較的かんたんで、吸盤や両面テープで固定、電源もシガーソケットから取り出すことができます。

ただし機種によっては、本体のサイズが大きく、取り付ける場所に困ってしまうということもあるので注意が必要です。

2:リアの監視能力が高いセパレート型

セパレート型は、ドライブレコーダーとカメラが分離しているタイプのもので、一体型+リアカメラもこのセパレート型に区分けされます。

セパレート型のなかでも本体とカメラが分かれたものは、自由に好きなところに設置できるのが魅力です。

ただし一体型に比べれば配線が複雑になるので、初心者では設置に苦労するかもしれません。

3:話題のルームミラー型

ミラー型は、純正のルームミラーにかぶせて使用するドライブレコーダーで、一体型とリアカメラが分かれたセパレート型あります。

ルームミラーにかぶせて使うので、ドラレコのための場所を用意する必要がなく、視界の妨げにもならないことがメリット。

ルームミラーの上からかぶせるスタイルのため、ミラーの角度調整をするたびに裏側に設置されたカメラの向きが変わってしまうこと、使用するミラー型のサイズによってはバイザーの上げ下ろしの邪魔になってしまうといったデメリットがあります。

2:画質(画素数)が高いものを選ぶ

画質(画素数)が高いものを選ぶことも大切なポイントです。

画素数はいわゆるピクセルの数のことで、1枚の画像がいくつのピクセルで構成されているのかを表します。

画質が高いと細部までくっきり映り、反対に画質が低いと、ちょっと離れた場所のクルマのナンバーた看板が確認できないということになります。

360度カメラの場合は、フルHD相当もしくは1856✕1856ピクセル以上のものを選ぶことがおすすめです。

3:フレームレート数の高いものを選ぶ

フレームレート数(fps)は、1秒間に撮影するコマ数を表した数字のことです。

以前は、30fpsや25fpsといったキリのいいフレームレートでしたが、ここ数年で急速に設置が増えているLED信号機の点滅と同期することがわかり、現在は27.5fpsや29fpsという数字になっています。

ちなみにLED信号機の点滅周期は、東日本で1秒間に約100回、西日本では1秒間に約120回となっています。フレームレートの倍数が点滅周期と同期すると、信号機が消灯したままになることもあるので、倍数が重ならないものを選ぶ必要があります。

4:撮影範囲で選ぶ

ドライブレコーダーの撮影範囲は、一般的には対角画角が記載されていますが、垂直画角や水平画角もチェックしておきたいものです。

ただし360度カメラの場合はちょっと事情が違っていて、対角画角、水平画角ともに360度となるので、ポイントは垂直雅楽になります。

目安としては、垂直画角が200度以上、できれば220度以上のものを選ぶようにしましょう。これにより、360度カメラの弱いと言われる車両直前の上方をある程度カバーできるようになります。

5:便利な機能で選ぶ

ここまでは押さえておきたいポイントを紹介してきましたが、ドライブレコーダーにはモデル別にとても便利な機能がいくつもあります。

ここでは、HDR・WDR、駐車監視、GPS、Gセンサー、画面切り替え、STARVISについて解説します。他にもWi-Fiや無線LANなど、独自の機能も数多くあります。

すべての機能が備わっていればベストですが、価格が高くなったり、実際装着したら使わなかったということもあるので、各機能については、自身の使い方にあったものを選ぶようにしましょう。

1:HDR・WDR

HDRやWDRは、画像補正機能のことで、トンネルなどの明暗が急激に変わる場所などで映像に発生する”白とび”や”黒つぶれ”といった現象を、画像補正によって減らしてくれます。

他にも逆光や夜景なども補正しますので、夜のドライブが好きな方、山間部が生活圏の方にはなるべく付いていたほうが良い機能といえます。

2:駐車監視機能

車のトラブルは、走行中にだけ起きるものではありません。駐車中にもトラブルがあることを想定しておかなくてはいけません。

当て逃げや車上荒しなど、駐車中のトラブル映像を録画してくれる機能が、駐車監視(パーキングモード)です。

エンジンが停止中でも別電源を繋げることで撮影を続けてくれるのでしっかり愛車を守ってくれる機能です。

3:GPS機能

ドライブレコーダーのGPS機能は、万がいち事故にあった際により詳しい情報を提供するためにあると便利な機能です。

GPS機能がついている機種では、事故にあった位置や時刻などが記録されており、専用のソフトで再生することで確認できます。

また車両の速度も記録されているので、こちらの安全運転を証明するときに有効な情報となります。

4:Gセンサー

Gセンサー(加速度センサー)は、衝撃を計測する機器で、ドライブレコーダーでは車体が衝撃を受けたときに自動的に録画をスタート。おおくの機種では、上書きされない場所にファイルを保存します。

イベント録画やイベント記録とも呼ばれています。この機能がない機種では、万がいちの際、残しておきたい記録があっても上書きされる危険性があります。

大事な証拠映像を消えないように防止するためにもあると便利な機能です。

5:画面切り替え機能

360度カメラの場合は、画面切り替え機能があるかもチェックしておいてください。

その理由は、360度カメラの場合は全天球か半天球のものが多く、画面を確認すると円型で表示されます。

歪みが大きく、まわりの状況がとても確認しづらい仕様となっているので、前方と車内に分ける2分割モードや、前方・後方・車内に分ける4分割モードがあるものがおすすめです。

6:STARVIS

STARVISはソニーが開発したCMOSセンサーの技術で、夜間の走行や暗い場所での撮影でもクリアな映像を撮影できます。

もともとはセキュリティカメラのために開発された技術で、明るさの足りない(低照度)場所での高画質を実現します。

360度ドライブレコーダーでおすすめの5つのメーカー

360度ドライブレコーダーを取り扱っているメーカーは数多くありますが、なかでも特におすすめのメーカーを5つ紹介します。

ドライブレコーダー業界においても有名なところで、国産製品を数多く取り扱っているメーカーです。機能や性能もメーカーによってはそれぞれ違ってくるので欲しい機能などがあればぜひ参考にしてください。

1:コムテック

株式会社コムテックはレーザー探知機の開発、販売を目的に設立された愛知県に本社を構えるカー用品のメーカーです。

ドライブレコーダーにおいても360度カメラはもちろん、前後2カメラやフロントカメラのみまで、さまざまなニーズに答えることができるラインナップを取り揃えています。

2:ユピテル

株式会社ユピテルは映像技術、マイクロ波、無線通信技術の専門メーカーとして設立、運営されてきた東京に本社を構えるカー用品メーカーです。

ユピテルのドライブレコーダーは暗い場所でもクリアな映像を撮影録画できるSUPERNIGHTシリーズなど、高性能でありながら低価格を実現していることでも人気です。

3:ケンウッド

株式会社ケンウッドはオーディオ製品で有名なカーエレクトロニクスAVメーカーです。ドライブレコーダーやカーナビゲーションシステムなどの開発にも積極的に取り込まれています。

ケンウッドのドライブレコーダーは画像が鮮明で高画質のものも多く、フルHDはもちろん、さらにうえのWQHDの製品も数多く取り揃えていることもあって、クリアできれいな映像を求める方に人気です。

4:セイワ

株式会社セイワはカー用品、輸出用文具等を製造販売するために設立された東京に本社を構えるカー用品メーカーです。

セイワのドライブレコーダーPIXYDAシリーズはフロントカメラから360度カメラまで幅広くラインナップされています。

5:セルスター

株式会社セルスターは自動車用品と関連エレクトロニクス製品の製造販売を目的に設立されました。

日本での自社開発、製造、販売が強みのセルスターは、JAPAN QUALITYをモットーにさまざまな製品を展開しています。

イチオシ360度ドライブレコーダー8選

ここまではドライブレコーダーの選び方や特徴、おすすめのメーカーについて紹介してきました。

ここからはおすすめの360度ドライブレコーダーを9機種紹介します。

ここまで解説してきたポイントを踏まえたうえで、お気に入りの360度ドライブレコーダーを見つける参考にしてください。

1:ユピテル「Q-20P」

ユピテル(YUPITERU) ユピテル 360度 全方向対応 ドライブレコーダー Q-20P 340万画素 SONY製CMOSセンサー搭載 夜間対応 地デジノイズ対策済 GPS Gセンサー搭載 3年保証 microSDカード16GB付属 Yupiteru【特定WEB販売店限定】

21,000円〜(税込)

ユピテルの全周囲モデル " marumie " Q-20P

ユピテルの「Q-20P」は、垂直画角240度の360度カメラで、車両の周囲をグルッを撮影録画してくれるドライブレコーダーです。

前後左右、車内まで1台で記録、画面表示切り替え機能もついているので映像確認もしやすくなっています。バックアップ機能もあり、万がいちの際、電源が断たれてもデータが破損することがありません。

メーカー
ユピテル(YUPITERU)
ブランド
ユピテル(YUPITERU)
モデル名
Q-20P
梱包サイズ
4 x 6.9 x 7.3 cm; 129 g
商品モデル番号
Q-20P
商品の重量
129 g

2:コムテック「HDR360GW」

コムテック(COMTEC) コムテック 360度全方向カメラ+リヤカメラ搭載 ドライブレコーダー HDR360GW 340万画素 ノイズ対応 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(32GB)付Gセンサー GPS 12/24V対応 3年保証 日本製 駐車監視機能付 補償サービス2万円 COMTEC

33,000円〜(税込)

2カメラで全方位をしっかり記録

コムテック HDR360GWは、360度カメラとリアカメラがセットになった前後2カメラドライブレコーダーです。

360カメラだけではカバーしきれないきれい後方もリアカメラでしっかり記録、GPS機能や駐車監視機能、HDR機能などを搭載しており、コストパフォーマンスも高い製品です。

メーカー
コムテック(COMTEC)
ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
HDR360GW
梱包サイズ
4.2 x 6.6 x 10.9 cm; 595 g
商品モデル番号
HDR360GW
商品の重量
595 g

3:コムテック「ZDR037」

コムテック(COMTEC) コムテック 車用 ドライブレコーダー ZDR037

29,300円〜(税込)

360度カメラの垂直視野角を高めた2カメラ型

コムテック ZDR037は360度カメラ+リアカメラがセットになった前後2カメラのドライブレコーダーです。

フロントの360度カメラの垂直視野角を235度に設定し、直前の信号機などもカバーできるようになっています。安心の日本製、3年保証付きでGPS機能や駐車監視機能など高性能な機能が数多く搭載されています。

ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
ZDR037
梱包サイズ
7.4 x 3.5 x 7.8 cm

4:ケンウッド「DRV-CW560-K」

ケンウッド(KENWOOD) KENWOOD(ケンウッド) 360°撮影対応ドライブレコーダー DRV-CW560-K 駐車監視録画対応 無線LAN搭載 microSDHCカード付属(32GB) DRV-CW560-K

18,369円〜(税込)

無線LAN内蔵でスマホですぐ確認できる

ケンウッド DRV-CW560-Kは、2160✕2160pの超高画質で映像を記録してくれるドライブレコーダーです。

本体にモニターが無いDRV-CW560は、無線LAN内蔵で、スマホやタブレットに専用アプリ(Street Tracker Mobile)をインストールして映像確認を行います。

WDR機能搭載、フルハイビジョンの2倍の高解像度でクリアできれいな映像を撮影録画してくれます。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-CW560-K
梱包サイズ
6.1 x 7.4 x 8.1 cm; 136 g
商品モデル番号
DRV-CW560-K
商品の重量
136 g

5:ケンウッド「DRV-C750」

ケンウッド(KENWOOD) KENWOOD(ケンウッド) 前後左右360度撮影対応ドライブレコーダー DRV-C750

23,175円〜(税込)

前後左右、車内までしっかり記録する

ケンウッド DRV-C750は、前後左右、車内までしっかり録画してくれる360度ドライブレコーダーです。

録画モードは、2分割、4分割、パノラマ、ラウンドと、ドライバーが好きなパターンを選ぶことができます。あおり運転などの対策には、別売のリアカメラ(CMOS-DR750)を追加することも可能です。

ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-C750

6:セイワ「PIXYDA PDR650SV」

セイワ(SEIWA) セイワ(SEIWA) 360度ドライブレコーダー PIXYDA PDR650SV 全方位カメラ 5インチタッチパネル 200万画素 専用microSD(32GB)付 GPS 12/24V車対応

16,000円〜(税込)

最新の画像補正で4画面表示

PIXYDA PDR650SVは最新の画像補正技術搭載によって、球面画像を平面画像に補正してくれるドライブレコーダーです。

360度カメラの歪んだ映像を最新画像補正の機能によって見やすく補正してくれるので、映像の確認作業がしやすくなっています。画面表示は4分割も可能です。

メーカー
セイワ(SEIWA)
ブランド
セイワ(SEIWA)
モデル名
PDR650SV
商品モデル番号
PDR650SV

8:セイワ「PIXYDA PSR2360G」

セイワ(SEIWA) セイワ(SEIWA) 360°型 前後2カメラドライブレコーダー PIXYDA PSR2360G 9.6インチタッチパネル 【Amazon.co.jp 限定】

34,510円〜(税込)

Amazon限定モデル/フレームレスの電子ミラー

PIXYDA PSR2360Gは、リアカメラの映像をルームミラー型モニターで確認できるドライブレコーダーです。

電子ミラータイプなので、ヘッドレストや人、荷物に邪魔されることなく、後方確認ができます。

メーカー
セイワ(SEIWA)
ブランド
セイワ(SEIWA)
モデル名
PSR2360G
梱包サイズ
4.1 x 26.5 x 7.5 cm
商品モデル番号
PSR2360G

8:AKEEYO 「AKY-V360S」

AKEEYO AKEEYO 業界最新360°カメラ全方位録画 ドライブレコーダー ミラー型 AKY-V360S

25,861円〜(税込)

大画面ミラーパネルで後方確認もバッチリ

AKEEYO  AKY-V360Sは、11.88インチの大型ミラーパネルに車内用カメラがセットになったドライブレコーダーです。

大型のミラーパネルで、従来のルームミラーでは見づらかった後方確認もしやすくなっています。万がいちドライブレコーダーが作動しなくなっても、電源をオフにすることで普通のミラーとして使用することもできます。

ブランド
AKEEYO
モデル名
AKY-V360S
商品モデル番号
aky-360s-A
サイズ
32 x 13 x 9 cm
画面サイズ
11.88 インチ
重量
768g
ビデオ解像度
1080p

360度ドライブレコーダーを選ぶときの6つの注意点

おすすめの360度カメラドライブレコーダーを紹介してきましたが、ここからは360度ドライブレコーダーを選ぶときに注意しておきたい事柄(画質、画素数、画角、価格、配線、記録メディア)を紹介します。

1:画質が荒くなりやすい

画質が低いと映像が荒くなり、ナンバー等がはっきり撮影できなくなり、万がいちの際の証拠映像としては使えない、ということになってしまいます。

対応策としては最低でも200万画素のもの、フルHD相当以上のものを選びましょう。画素数が高ければ高いほどクリアで、きれいな映像が残るので、予算に余裕があるなら、さらに高画質な機種を選ぶのもおすすめです。

2:車両の上部や後方の撮影が難しい

360度ドライブレコーダーのカメラは、本体の下側にカメラが装備されています。そのため車両直前の上部や後方の撮影が難しいという欠点があります。対応策としては、垂直画角が大きいものを選ぶことです。

また一体型の場合、後方の映像は車内からということになり、ナンバーなどがうまく撮影できない可能性もあります。予算に余裕があれば、前後2カメラや3カメラ型をおすすめします。

3:暗所での撮影が難しい

機種によりますが、HDR・WDR機能やSTARVIS機能がないドライブレコーダーはトンネルや暗い場所などの撮影が難しくなります。

対応策としてはHDR・WDR機能、STARVIS機能があるものを選ぶことをおすすめします。

4:ドライブレコーダー本体の値段が高い

360度ドライブレコーダーは、どうしても価格が高くなってしまいます。対応策としては予算を抑えたい場合は一体型、余裕があるならセパレート型かミラー型という基準で考えましょう。一体型は、取り付け費用も安くなります。

5:電源や配線の仕方を考慮する

配線や電源の取り方によっては付属品では賄えず、別途オプションの購入と準備が必要になってくる場合があります。

そのため、対応策として事前に配線の長さや電源の種類を調べておくことが必要です。

特に電源をシガーソケットから取らない場合は電源の裏取りが必要になります。セルフでは難しくなり、プロに頼むこととなるため工賃がかかることも視野に入れておく必要があります。

6:記録メディアを考慮する

ドライブレコーダーのほとんどは映像をSDカードに記録する仕組みになっています。そのため、SDカードをセットし忘れると撮影した映像が記録されないことになります。

また、360度カメラは映像の容量が大きい傾向にあるので、容量の少ないSDカードを使用するとすぐにいっぱいになって、上書きが繰り返されるので、寿命も短くなります。最低でも32GBのものを使用することをおすすめします。

万がいちに備えて性能の高い360度ドライブレコーダーを用意しよう!

360度ドライブレコーダーは、前後左右、車内までしっかり撮影、録画してくれる高性能でハイスペックなドライブレコーダーです。

事故対策に、あおり運転対策にフロントカメラだけでは補えない部分を360度カメラがしっかりカバーしてくれます。

万全の体制を望むなら、高性能でハイスペックな360度ドライブレコーダーを選びましょう。