タクシーを呼ぶときの方法は?料金システムやおすすめ配車アプリを紹介

トヨタ JPNタクシー

「配車アプリ」の利用は、タクシーを呼ぶ方法の1つです。配車アプリには様々なものがありますが、アプリごとに特徴があり、強み・弱みも異なります。本記事ではおすすめ配車アプリのほか、配車アプリ以外のタクシーの呼び方や、タクシー料金システムについても紹介します。

Chapter
タクシーを呼ぶときに料金は発生する?
タクシーを呼ぶ時の方法3つ
タクシーを呼ぶ際に気をつけること3つ
タクシーを配車アプリで呼ぶメリット4つ
タクシーを呼ぶためのおすすめ配車アプリ5選
タクシーを呼ぶときは状況に応じて最適の方法を選ぼう

タクシーを呼ぶときに料金は発生する?

タクシーの料金体系には、少し複雑なところがあります。そのため、普段利用しない人にはわかりづらく感じる面もあるのではないでしょうか。

タクシーの利用では、状況に応じて運賃のほかにかかる料金がいくつか存在します。たとえば、希望する時間に配車を依頼した際に発生する「予約料金」や、配車されたタクシーを待たせた時にかかる「待機料金」などです。

他にも、指定場所にタクシーを呼ぶ時に発生する料金は「迎車料金」と呼ばれ、金額はタクシー会社によってまちまちです。迎車料金を請求しない会社もあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

タクシーを呼ぶ時の方法3つ

タクシーを呼ぶ場合、「タクシー会社に電話する」「空車をつかまえる」「タクシー配車アプリを利用する」という3つの方法があります。

ここでは、上記3つの方法について詳しく見ていきましょう。

1:タクシー会社に電話する

タクシーを呼ぶ方法1つ目は、最寄りのタクシー会社に電話するというものです。利用したいタクシー会社の電話番号をすでに知っている場合、比較的手軽にタクシーを呼べる方法と言えるでしょう。

タクシー会社の電話番号を知らなかったとしても、インターネットで検索することで番号はすぐに調べられます。

タクシー会社に電話した時は、オペレーターに「氏名」「自分の連絡先」「配車場所」といった必要な情報を伝えます。タクシー到着後は、自分が呼んだタクシーで間違いないか、確認してから乗り込むようにしましょう。

2:空車をつかまえる

タクシーを呼ぶ方法2つ目に、空車をつかまえるというものがあります。

「空車」とは、客を乗せていないタクシーのことです。「乗りたい」という意思をドライバーに手を上げて示すことで、タクシーが止まり、乗車できます。

タクシーが空車かどうかは、タクシーのフロント面にある表示で判別できます。「迎車」や「回送」という表示であった場合、挙手してもタクシーは止まらないため注意しましょう。

3:タクシー配車アプリを利用する

タクシーを呼ぶ方法3つ目は、タクシー配車アプリを使うというものです。配車アプリは操作が比較的簡単で、電話できない場面でも気軽にタクシーが呼べるというメリットがあります。

なお、タクシー配車アプリを利用する場合は、最初にアプリをダウンロードして、初期登録を済ませておきましょう。

タクシーを呼ぶ際に気をつけること3つ

タクシーを呼ぶ際には、気をつけておいた方が良いことがあります。

それは、「予約料金と迎車料金が別々にかかることがある」「迎車料金がスリップ制の場合もある」「待機させた時間の料金もかかる」という点です。

それぞれの注意点について、具体的に見ていきましょう。

1:予約料金と迎車料金が別々にかかることがある

「予約料金」とは、前もって日時を指定してタクシーを手配することで徴収される料金です。一方、「迎車料金」はタクシーを手配した人の所に配車する際に発生する料金のことを指します。

タクシー会社によっては、予約料金と迎車料金が別々にかかることがあるため、事前に料金システムについて確認しておくのがおすすめです。

予約料金も迎車料金も、住んでいる地域やタクシー会社によって金額がまちまちですが、大体数百円であることが多いでしょう。

2:迎車料金がスリップ制の場合もある

迎車料金のシステムに「スリップ制」と呼ばれるものがあります。

「スリップ制」は定額で迎車料金を請求するシステムとは異なり、タクシー会社からの迎車距離に応じて、初乗り運賃を上限とした金額を徴収するシステムのことです。

スリップ制を採用しているタクシーでは、乗車してすぐに料金メーターが早く回るので驚くこともあるでしょうが、正常な動作であることを心に留めておくとよいでしょう。

3:待機させた時間の料金もかかる

配車したタクシーを待たせた場合、追加で「待機料金」が発生することがあります。

待機料金が発生する時間や金額は、タクシー会社ごとに定められているため、待たせることが事前にわかっている場合は、待機料金の確認をしておくのがおすすめです。

待機料金が発生するケースとしては、迎車サービスを使って呼んだタクシーをその場でしばらく待たせた場合や、最終目的地までの道中で違う所に少し立ち寄った場合などが、よくある例でしょう。

タクシーを配車アプリで呼ぶメリット4つ

配車アプリを使ってタクシーを呼ぶことには、多くのメリットがあります。

具体的には、「素早く呼べる」「到着予定が一目でわかる」「オペレーターとのやり取りが不要」「アプリ限定割引がある」の4つです。

上記のメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

1:素早く呼べる

アプリを利用することで、タクシーを素早く呼べるというメリットがあります。

流しのタクシーでは、乗りたい時に必ず近くにいる保証はありません。また、混雑する時間帯では、タクシー乗り場で長時間待たされたり、電話してもオペレーターになかなかつながらなかったりすることもあるでしょう。

タクシー配車アプリでは、従来の方法に見られたデメリットを解消し、簡単な操作で手軽に素早くタクシーを呼ぶことが可能です。

2:到着予定時間が一目でわかる

タクシー配車アプリでは、タクシーのおよそ到着予定時間が一目でわかるサービスが用意されています。そのため、ちょっとした用事を済ませるなど、待ち時間を有効活用することも可能となります。

3:オペレーターとのやり取りが必要ない

アプリを使うことで、オペレーターとのやり取りなしでタクシーを呼ぶことが可能になります。

最近では、メールやSNSなどが主なコミュニケーション手段となっている人も多く、電話をかけることに対し抵抗を感じる人もいるでしょう。

そのような場合は、オペレーターとのやり取りが必要ない配車アプリを上手く活用しましょう。

4:アプリ限定割引がある場合も

配車アプリでは、アプリ限定割引を利用してお得にタクシーに乗車できる場合があります。

配車アプリは、「ダウンロード特典」「友達紹介」など、各種キャンペーンに応じて割引クーポンのサービスを提供していることがあり、これらを有効活用することで、リーズナブルにタクシーを利用できます。

ただし、クーポンには有効期限が設定されていることも多いため、期限に注意して利用するようにしましょう。

タクシーを呼ぶためのおすすめ配車アプリ5選

現在いくつかのタクシー配車アプリがありますが、それぞれに特徴があります。

続いて、タクシーを呼ぶためのおすすめ配車アプリを5つ紹介します。ぜひ、配車アプリを選ぶ際の参考にして下さい。

1:Uber Taxi

海外でも使えるグローバルな配車アプリ

世界中の都市や主要空港をカバーしており、旅行やビジネスなどでタクシーの利用が可能です。

アプリを開いて「目的地」と「乗車場所」を指定すると、近くにいるドライバーとマッチングされる仕組みとなっています。

ドライバーのプロフィールや口コミもアプリでチェックできるため、初めての場所でのタクシー乗車も安心して利用できるでしょう。

2:DiDi

AIを駆使して高度なタクシー配車サービスを実現

タクシーに乗りたい人とタクシー会社のマッチングにAIを使用し、精度の高い分析で無駄のない配車サービスを可能にします。

DiDiの支払いは、クレジットカード・デビットカードのほか、PayPayも使用可能です。北海道から沖縄までカバーしていますが、各都道府県で配車サービスを使えるエリアが限られているため、自分がいる所が使用可能かどうかの確認は必要でしょう。

DiDi|iOS
https://apps.apple.com/jp/app/didi-%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%81%99%E3%81%90%E5%91%BC%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E9%85%8D%E8%BB%8A%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1362398401

DiDi| Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.didiglobal.passenger

3:Go

2つの配車アプリが統合して進化した充実のサービス

「JapanTaxi」と「MOV」といった2つの配車アプリが合体し、プライベート・ビジネスを問わず、幅広い人にとって使いやすく生まれ変わった配車アプリです。

Goでは日時指定や車両指定も可能で、用途に応じたタクシー利用ができる点がメリットの1つです。アプリの簡単操作で近くにいるタクシーがスピーディに配車される、利便性の高いサービスです。

GO | iOS
https://apps.apple.com/jp/app/go-%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%8C%E5%91%BC%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-%E6%97%A7mov-japantaxi/id1254341709

GO | Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dena.automotive.taxibell

4:S.RIDE

たった1つのシンプルな動作でタクシー配車が即完了

アプリの操作性が抜群で、スライドするだけでタクシーの手配を可能にする配車アプリです。

S.RIDEは、ソニーグループ株式会社と都内のタクシー会社が合弁してできた企業が開発したアプリです。東京都内のタクシー関して最大のネットワークを誇っており、都内でのタクシー利用では一押しの配車アプリと言えるでしょう。

S.RIDE | iOS
https://apps.apple.com/JP/app/id1458325928?mt=8

S.RIDE | Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sride.userapp

5:フルクル

スマホを振るだけでタクシーが呼べる優れもの

アプリを起動した状態でスマホを振ることで、自分がいる周辺で約500m以内にいる空車のタクシーに通知が届けられ、タクシーが自分のいるところまで来てくれるサービスです。

フルクルは「タクシーに乗車したい」という意思をドライバーに伝えることに重点を置いたアプリです。そのため、タクシーが必ず配車されることを確約している訳ではないという点で、これまでの配車アプリとは傾向が異なります。

フルクル|iOS
https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AB/id1297194516 

フルクル | Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fulcul.fulcul&referrer=fulcullp

タクシーを呼ぶときは状況に応じて最適の方法を選ぼう

本記事では、タクシーを呼ぶ方法について詳しく紹介しました。

タクシーを呼ぶには「タクシー会社に電話する」「空車のタクシーをつかまえる」「アプリを利用する」の方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

また、配車アプリを使う場合では、アプリごとにも特徴があるため、なるべく自分のニーズに合ったものを選ぶ必要があります。

タクシーを呼ぶ際は、その時々の状況に応じて最適の方法を選択するとよいでしょう。

商品詳細